iPad mini 4は密かにiPad Air miniとなって反転攻勢

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iPad Proだけが脚光を浴びた9月9日のAppleのイベントだが、今はひそかに発売されたiPad mini 4に注目が集まっている。昨年発売されたiPad mini 3はその前のiPad mini 2より大きな進化はなく、発売後は販売不振が伝えられた。また、同時期に発売されたiPhone 6/iPhone 6 Plusに追い上げられ、AppleがiPad miniを生産中止するとの噂まで流れていた。さすがにiPad miniからの撤退の噂は影を潜めたが、販売不振の噂は引き続き伝えられていた。

広告
広告336

iPad Air 2に搭載したフルラミネーションディスプレイを採用、薄型化と軽重量化でiPad Air 2を小型化したiPad mini 3

full-lamination-display

iPad Air 2で採用されたフルラミネーションディスプレイ

iPhone 6/iPhone 6 Plusとの競合を避けてAndroid対抗に専念させる

昨年発売されたiPad min 3は、1昨年に発売されたiPad mini 2と殆ど違いはなかった。プロセッサーを始めとした主要機能はまったく同じであり、サイズや重量の違いもなかった。唯一異なっていたのは、Touch IDが搭載されたことだけだった。Touch IDとは指紋認証センサーのことであり、iPadやiPhoneの前面下にあるホームボタンに組み込んでいる。iPadシリーズには2014年に同時発売されたiPad Air 2と共に採用された。それ以外の進化がiPad mini 3になかったのは、iPhoneがiPhone 6やiPhone 6 Plusでディスプレイを大型化したことが最大の理由であろう。iPhone 6/iPhone 6 PlusがiPad miniと競合する部分があることは明らかであり、iPad miniの進化をストップさせることで共倒れになることを避けたものと思われる。Appleは意図してiPhone 6/iPhone 6 Plusとの競合を避け、iPad miniをAndroidタブレットとの対抗機種に据え置いたのであった。その辺のことは以下の記事でも書いている。

iPad miniを進化させてiPad Air miniで反転攻勢

iPad mini 4ではプロセッサーをA7からA8にアップグレードしており、モーションプロセッサーもM7からM8にアップさせている。最大の進化はディスプレイをフルラミネーションディスプレイにしたことであり、これによって重量を331gから298.8gに減量している(Wi-Fiモデル)。また、厚さは7.5ミリから6.1ミリに薄くしており、iPad Air 2から採用したフルラミネーションディスプレイの効果を随所に発揮している。そういう意味ではiPadがiPad Airに進化したと同じく、iPad mini 3はiPad Air miniに進化したと言うことができる。また、AppleはiOS9を9月16日にリリースしたが、そこで加わった新機能の中で全てが利用できるのはiPad Air 2と発売されたばかりのiPad mini 4だけとなる(新発売されるiPad ProもOK)。AppleはiPad mini 4を大きく進化させたことにより、iPhone 6/iPhone 6 Plusに行かなかったiPad miniユーザーに買い替えを迫り、Androidタブレットへの攻勢も強めようとしている。

広告
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする