佐賀県立高校で導入したタブレットでトラブル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そろそろ武雄市で導入したKEIANタブレットでトラブルが発生している頃合と思い調べてみると、やはり新聞記事になっていた。但し、武雄市の小学校ではなく、5万円の自己負担で購入させた佐賀県立高校での話だった。デジタル教材のダウンロードをインターネットで行おうとしたが、規定の授業時間内に終了しないケースが続出したとのこと。

arrows

ARROWS Tab

全36校中の34校が選んだ2社の教材に動画が含まれており、それでダウンロードに時間を要したらしい。しかし、学校でダウンロードさせるということは同時に数十のダウンロードが行われることになり、通信回線がそれに耐えられるか否かは事前に分かりそうなものである。ダウンロードサイトを誰が用意したのか知らないが、デジタル教材の発行者に任せたとしたらお粗末な限りである。結局、販売元からDVDを送ってもらって対処するようだが、それを待ってインストールできるようになるのは19日以降となるらしい。端末は富士通のARROWS Tabletなのだが、富士通がダウンロードサイトを用意したとは考えられない。ソフトのインストールには手馴れていることから、こういう場合はDVDを最初から用意したと思われる。しかし、端末を納入して終わり、という富士通にも問題があると言えるだろう。そうだ、OSはWindowsだからMicrosoftも問題あり・・ということになる。

広告
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告
広告336