2011年版iPad対抗タブレット端末

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AppleがiPadを発売した2010年末に各社がタブレット端末の発売を行ったが、いずれも中途半端な製品でしかなかった。その最大の理由は、その全社が搭載したOSであるAndroidがマルチタッチに対応していなかったところにあった。そして翌2012年末、Androidがようやくタブレットサイズでマルチタッチに対応したことから、数多くのメーカーがタブレット端末を投入してきた。

広告
広告336

iPad発売1年でようやくマルチタッチに対応

eeeslate

EeeSlate EP121

 

2010年版iPad対抗タブレット端末

 大半がAndroidだが一部にWindows 7搭載

2011年に発売(国内)された各社のiPad対抗タブレット端末は、下の表に挙げた28製品。その殆どがAndroidを搭載していたが、Windows 7をOSとした製品も幾つか見られた。Microsoftはタブレット端末への対応はWindows 8から行うことを表明していたが、Windows搭載タブレット端末の可能性にかけたパソコンメーカーが手がけることとなった。

iPad対抗製品一覧(2011年末:国内) 
 メーカー 製品名  OS  液晶 3G 税込価格  発売月
 Samsung  SMT-i9100 Android 2.2 7.0  × 52,500円  ’11/03
LG Electronics Oputimus PAD Android 3.0 8.9 ドコモ 79,800円
ASUS EeeSlate EP121 Windows 7 12.1 × 99,800円
MOTOROLA XOOM Wi-Fi TBi11M Android 3.0 10.1 × 65,100円 ’11/04
ASUS  Eee Pad Transformer Android 3.0 10.1  ×  59,800円   ’11/06
Acer ICONIA TAB A500 Android 3.0 10.1 × 39,800円 ’11/07
東芝 REGZA Tblet AT300 Android 3.1 10.1 × 60,000円
Lenovo IdeaPad Tablet K1 Android 3.1 10.1 × 50,000円 ’11/08
マウスコンピューター LuvPad WN101-P Windows 7 10.1 × 59,800円
シャープ GALAPAGOS(ASH) Android 3.2 7.0 × 44,800円
ソニー Sony Tablet S(16GB) Android 3.1 9.4 × 45,000円 ’11/09
Sony Tablet S(32GB) 53,000円
Huawei A01HW Android 2.3 7.0 × 34,800円
ASUS Eee Pad Slider SL101 Android 3.1 10.1 × 49,800円 ’11/10
東芝 REGZA Tablet AT3S0 Android 3.2 7.0 × 50,000円
ソニー Sony Tablet S(16GB) Android 3.1 9.4 ドコモ 62,880円
Sony Tablet P(4GB) Android 3.2 5.5×2
Samsung Galaxy Tab 10.1LTE Android 3.2 10.1 ドコモ 71,190円
Camangi Mangrove 7 Android 3.2 7.0 × 44,800円
Acer ICONIA A100 Android 3.2 7.0 × 37,800円 ’11/11
Lenovo IdeaPad A1(2GB) Android 2.3 7.0 × 20,000円
IdeaPad A1(16GB)
オンキヨー TW2A-A25Z7CK Windows 7 10.1 × 60,000円 ’11/12
東芝 REGZA Tablet AT700 Android 3.2 10.1 × 70,000円
Samsung Galaxy Tab 7.0Plus Android 3.2 7.0 ドコモ 53,550円
シャープ GALAPAGOS(EM) Android 3.2 7.0 × 44,800円
加賀ハイテック Meopad ADVANCE Android 2.3 7.0 × 29,800円
NTT東日本 光iフレーム2 Android 2.2 7.0 × 19,950円

Androidがタブレット端末に対応

Androidはバージョン2.X台のものはスマートフォン用であり、3.X台のHanycomb(開発コード名)でタブレット端末に対応させた。従って上記の表にはHanycomb(ハニカム)が多くなっているが、中にはスマートフォン用の2.X台の製品も含まれている。各社が慌ててiPadに対抗しようとした様子が伺われる。

広告
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする