ドコモがiPadを発売できなかった理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事は昨年の11月に書いた記事ですが、このところ(4月27日前後)アクセス数が多くなっています。ドコモの副社長がiPadの取扱を明言したにもかかわらず、現在までにそれが実現しておりません。恐らく、その理由を知りたくてここに訪問されている方が殆どだと思います。その問題については、以下の記事を書きましたのでそちらをご覧下さい。

ドコモがiPadを発売するのは当然と思っていたが、実際にはソフトバンクとKDDIのみが発売し、ドコモは発売することができなかった。そろそろその背景が何だったのかが明らかになっているのではないかと思い、Googleで検索して調べてみた。Appleとの取引の問題はAppleの緘口令が非常にきつく、今回も明確な理由は浮かんでこなかった。

広告
広告336

来年までドコモはiPadを扱えない???

docomo-ipad

DoCoMo版iPad?

一定の時間がかかる

10月25日にドコモは2013年度第2四半期の決算を発表したが、記者のiPadを導入しなかった理由についての質問に対してドコモの加藤社長の答えは「導入しなかった。なかなか難しいお答えです。なかなか答えが難しいんです。難しいんです。そうですね、いい端末ですし、そうしたいのですが、一定の時間がかかるということなんでしょう(ITmediaの11/1付け記事から抜粋)」というものであった。記者は続いて「アップルとの関係なんですか」と突っ込みを入れているが、その答えも「いやまぁまぁ。私たちが『これ、売ります』と言っても売れませんからね」と歯切れが悪い。

iPadを扱えないのはAppleの意志

ITmediaの記者は「『ドコモはiPhone販売に集中したいから、iPadを取り扱わない」という話もあったが、加藤社長のコメントを聞く限り、ドコモは売りたいけどアップルが売らせてくれないというのが真相なのかも」という感想を述べている。それはそうだろう。せっかくiPhoneを獲得したのにiPadをドコモ側から断ることは考えられない。明らかにApple側の意向と思われる。では何故AppleはドコモにiPadを扱わせたくなかったのだろうか。同様のことが2011年にKDDIにも起こっている。それがドコモの場合にも当てはまるかもしれない。

KDDIもiPhoneより1年後にiPad獲得

KDDIは2011年10月からiPhoneの販売に参入したが、iPadの販売は行わなかった。その年はiPadの新製品の投入はなく、特に注目されることではなかった。しかし、翌2012年3月にiPad 3が発売された時も、販売はソフトバンクだけでKDDIの参入は見送られた。KDDIがiPadを手に入れたのはKDDIがiPhoneを発売しだした1年後の2012年11月、iPad RetinaモデルとiPad miniの発売からであった。KDDIの関係者によると、iPhoneに加えてiPadを同時に扱う準備に1年を要した、というのである。今回のドコモの場合、iPhoneの取り扱いはKDDIの時よりもドタバタした感じが否めない。Appleからすると「ドコモさん、今はiPhoneに専念してもっと落ち着いてからiPadを売って下さい」と言うことなのだろう。

KDDIの周波数帯対応はiPad RetinaとiPad miniから

書きながら思い出したのだが、確か2011年当時のiPadにはKDDIの使用している周波数帯に対応した無線チップが搭載されていなかったはずである。もう一度調べなおしてみると、iPadがKDDIの持つ周波数帯に対応したのは2012年11月のiPad RetinaとiPad miniからであった。つまり、KDDIの場合はiPadを扱いたくても扱えないやむを得ない理由があったのである。しかし、このことを別の視点から見ると、AppleはKDDIにiPhoneを扱わせながらiPadがKDDIで利用できるようにしたのは1年後だったということである。仕様変更が間に合わなかったのかもしれないが、春のiPad 3での対応を見送り、1年後に延ばしたのであった。

根底には提供サービスの主導権争い

ドコモの場合、KDDIとは異なって周波数の問題は無いはずである。しかし、iPhone導入に際し、ドコモ側の要求をAppleに少なからず認めさせている。この実現が完全に終わらないまま見切り発車しており、そこにiPadが加わることの混乱をAppleは見越したのであろう。この間、ネットのメディアが発した情報からは以上のような背景が浮かび上がってくる。今回、ドコモとAppleは互いに譲歩しあってドコモのiPhone参入が実現したが、端末で利用するサービスの主導権争いが根底にある以上、両者の関係は今後も紆余曲折を経ることは間違いない。

この記事は、ドコモの副社長が共同通信のインタービューで「それほど遠くない将来に扱うことになる」と述べる前に書いた記事です。発売時期は現時点(12/2)では決まっていませんが、遅くとも来年の3月ぐらいまでにはドコモからiPadが発売されるようです。

ドコモのiPad参入は前から決まっていた?

広告
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする