発売3日間のiPad Airの販売台数は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Appleは現在、これまで慣例となっていた新製品発売3日間の販売台数を公表していない。今までは新製品の発売を金曜日に行い、土日を含めた3日間の販売台数を月曜日に発表していた。iPad Airの発売日は11月1日の金曜日だったが4日には発表されないまま、現在もAppleはiPad Airの販売台数については口を閉ざしたままである。

広告
広告336

恒例となった発表をしなかった理由は何か?

ipad-air

販売台数が未だに発表されていないiPad Air

Appleの発表はiPad mini Retinaモデル発売後?

昨年はiPad RetinaモデルとiPad miniが11月2日に同時発売され、Appleは発売3日間の販売台数が300万台であったことを発表した。また、今年の9月20日に発売したiPhone 5s/5cについては、同じく発売3日間で900万台を突破したことを発表していた。今回はiPad Airのみが発売され、iPad miniの新製品は発表は行ったが現時点では発売日も決まっていない。従って、iPad Airのみの数字が昨年の900万台を超えることは極めて難しいと言わざるを得ない。また、同一製品カテゴリー内の販売数字については発表してこなっかたことから考えると、AppleがiPad Airの3日間の販売台数に触れないのは当然のことかもしれない。発表するとすれば、恐らくiPad mini Retinaモデルが発売された後になるだろう。

250万台から350万台という予測がある

Appleの販売実績に関する発表は、常に前回を上回ることを強調するものであった。しかし、現時点でiPad miniの新製品の発売日が決まっていないのは、前回の900万台を越えるためのRetina液晶の確保ができていないことを意味している。米国のアナリストの予測ではiPad Airの最初の週末の販売台数が250万台から350万台としているが、そうだとすると900万台を超えるためにはiPad miniは550万台から650万台以上確保しなければならない。発売日に確保さえすれば、その数字を販売するのは難しいことではないだろう。

iPad Retinaの5倍という数字も出ている

Appleの発表はなかったが、米国のモバイルアプリのマーケティング会社であるFiksuが発売3日間のiPadの導入率を発表している。それによると、iPad Airの全iPadに占める導入率は約0.7%であり、これは昨年のiPad Retinaモデルの0.14%と比べると5倍になっているということである。言わんとしていることは、発売3日間の販売台数は昨年のiPadの5倍である・・・ということである。導入率が何なのか筆者は良く分からないが、恐らくApp Storeへのアクセス数から割り出したものと思われる。だとすると、iPadの販売台数を推定する一つの指標となるのは確かであろう。

広告
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする