この1年の売れ筋はiPad miniとiPad 2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Appleは、10月28日(現地時間)に第4四半期の決算数字を発表した。昨年からiPadとiPad miniの販売台数の予測を行ってきたが、今回も同じ方法で予測してみた。但し、四半期の決算発表のプレスリリースではiPadの販売金額には触れていないらしく、ネット上に出回っている情報からは得られなかった。しかし、Appleは9月が年間決算日であることから、年間決算資料が米国のAppleのサイトから得られたのでそこから算出した。

広告
広告336

全体の58%がiPad mini・・・・・・もっと多いはず

ipad-air

iPad Airを紹介するTim Cook

予測の前提となる条件が変化しつつある

第4世代iPadとiPad miniの発売は、昨年の10月2日であった。従って、決算数字には丁度一年間の販売実績が示されたことになる。試算の結果は、以下のようなものとなった。今回も前回までと同様、昨年の7月-9月のiPadの平均単価を使用したが、それでは実態を表さなくなっているようである。

  iPad mini iPad 合計 iPad miniのシェア
2012年10月-12月 1,073万 1,213万 2,286万 47%
2013年1月-3月 1,241万 707万 1,948万 64%
2013年4月-6月 1,068万  393万 1,461万 73%
2013年7月-9月 757万  651万 1,408万 54%
合計 4,139万 2,964万 7,103万 58%

取り敢えずこれまでと同じ方法で計算してみた

iPad全体の年間販売台数は7,103万台、金額は320億ドルであった。

x:iPad miniの販売台数、y:iPadの販売台数とし、a:iPad miniの平均単価、b:iPadの平均単価とすると、

①x+y=7,103万台

②ax+by=320億ドル

600105x=/(535-a)

となり、aの値を当てはめていけばx(iPad mini)の数字の配列ができる。それが以下の表である。

iPad miniの平均単価 iPad miniの販売台数 iPadの販売台数
340ドル 3,077万台 4,026万台
350ドル 3,429万台 3,674万台
360ドル 3,637万台 3,466万台
370ドル 3,872万台 3,231万台
380ドル 4,139万台 2,964万台
390ドル 4,445万台 2,658万台
400ドル 4,801万台 2,302万台
420ドル 5,218万台 1,885万台
430ドル 5,715万台 1,388万台
440ドル 6,317万台 786万台

上の表はエクセルで作成してこちらに転記したのですが、その時行がずれてしまったようです。iPad miniの台数が4,445万台の欄は、平均単価が400ドルの欄でした。同様のミスを2013年1月-3月期、4月-6月期にもしております。従いまして、この記事は2013年1月から9月のiPad miniの平均単価が400ドルとした場合の試算に読み替えてください。-2013年11月3日訂正

iPad miniの平均単価をこれまで通りの390ドルとすると、iPad miniが4,445万台、iPadが2,658万台売れたことになる。

今回の計算結果を洗いなおして再度挑戦

もう一度最初の表を見て頂きたい。4月-6月にはiPad miniのシェアが73%にまで上昇していたが、7月-9月では54%に低下したという数字になった。また、iPadの販売台数が前期並を維持していることになるが、そういう兆候は実際の市場からはうかがえないのは明らかである。つまり、7月-9月のiPad miniの数字はもっと大きかったに違いない。このような結果となったのは、iPadの平均単価を535ドルと見たことによる。実際は旧製品であるiPad 2がことのほか売れており、iPadの平均単価を押し下げたことを強くうかがわせている。iPad Airが今日から発売されるが、iPad 2は継続販売される。それだけiPad 2のニーズが高いこと・・・この1年も良く売れたことを意味している。

その辺も含め、再度iPad miniとiPadの販売台数予測に挑むこととしたい。

広告
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする