ドコモがiPad発売するのは当たり前

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AppleがiPadとiPad miniの新製品を発表すると予想されているイベントは、あと9時間後の日本時間23日2時である。そのタイミングでネット上で話題となっているのは、ドコモがiPadの新製品を国内発売するという記事である。その記事は、SankeiBizが今日(21日)の早朝に掲載した。

広告
広告336

iPad来年発売の方が特ダネ・・・しかし出所不明

ipad5?

iPad 5?

出所不明の記事

記事のタイトルは「ドコモがiPad新型モデル国内販売 先行2社を追撃へ 」というもの。その中で『タブレット端末「iPad(アイパッド)」の新モデルをNTTドコモが日本国内で発売することが211日、明らかになった。」と書いてある。しかし、「明らかになった」問い状況については何も書かれておらず、記事の信憑性は大いに疑問となるものであった。今度のイベントでiPad 5/miniの新製品を発表するとはAppleは一言も漏らしておらず、Appleやドコモ側から公式に案内されたものではないことは明らかである。しかし、普通は「関係者によると・・・・・」などの枕詞が入ってくるはずである。しかし、情報の出所については最後まで触れられていない。

生産体制の整備に時間が・・・・

そもそも、ドコモがiPhone 5s/5cの販売を決めた時点で、iPadの販売も行うことは確定したはずである。従って、わざわざ発表(が予想される)前日に記事にするほどのことではないことである。しかし、さも情報源が存在しているかのように装って記事にすることは、飛ばし記事そのものと言わざるを得ない。更に問題なのは、その後にさりげなく「生産体制が整うのに時間がかかるとみられている。」という一文が入っていることである。これは「アップルは・・・・見通し。」、「アイパッドには・・・・見込まれているが」という文章の後に来ており、明らかに記者の予測に基づいている。事実とすればこちらの方が特報性がある情報である。しかし、これについてもその後何も触れないまま記事を終わらせている。

iPadの国内発売は来年?

「iPad ドコモ」でGoogle検索すると、SankeiBizの上記の記事を元に情報が飛び交っているが、中には「iPadの日本発売は来年にずれ込む」というものに出くわした。ドコモがiPadを発売するのは当たり前であり、「生産体制が整うのに時間がかかるとみられている。」という一文に注目したのであろう。あるブログ記事は「SankeiBizはiPadの発売日について・・・・生産体制が充分に築けていないことを理由として、日本の発売は来年に遅延する可能性もあると指摘している。」となっている。SankeiBizの記事はそこ明確には書いていないが、憶測が憶測を呼んで「iPadの国内発売は来年」ということになってしまった。

しかし、考えてみれば話題になることでSankeiBizが多くの人に読まれることになったのは事実である。それを意図してやったことだとすると・・・・・・・・私は、やはり好ましいことではないと思っている。

広告
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする