iPad並に売れているSurfaceを更に値下げ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家電量販店などのPOSデータを販売しているBCNが9月25日、『実は「iPad(9.7インチ)」並みに売れている「Surface」、タブレット端末の新しい市場を開拓』という記事をBCNランキングというサイトに掲載している。この記事によると、MicrosoftのSurfaceのシェアは7.5%から10.9%あり、ASUSとAppleに次いで3位に位置しているとのことである。

広告
広告336

新市場の開拓ではなくノートPCとの共食い

surface

Surface

Surfaceの販売数はBCNも知らない

BCNが数字の根拠としているのはBCNが集計しているPOSデータと思いきや、実はPOSデータではないと言うのである。『マイクロソフトは世界戦略として「Surface」の売上げを公開しておらず、さらに家電量販店の実売データを集計したBCNランキングでも、POSデータに「Surface」を反映していない(BCNの記事から抜粋)』ことから、BCNのデータではSurfaceのシェアを見ることができないのである。これについてはBCNランキングに以下のようなお知らせが告示されている。

BCNランキングのお知らせ

BCNランキングのお知らせ

これを見るとAmazonのKindleシリーズも集計対象外となっているようだが、《経緯と詳細はこちら》をクリックしても空白ページに飛ばされて中身を見ることはできない。この内容やその他の情報から推測すると、どうやらMicrosoftが家電量販店などにSurfaceの販売データを提供しないように指示しているようである。確かにBCNのデータにはヤマダ電機やヨドバシカメラなどのデータが入っていないことから、必ずしも市場の実態を表しているとは言い切れないものがある。しかし、家電量販店にMicrosoftが圧力をかけるというのは如何なものであろう。今日の本題はその問題ではないことから、今日はここまでとしておく。

新しい市場開拓?

BCNのデータが使用できないことから、BCNが事前の策として採ったのがBCNの有力データ提供店であるビックカメラへの取材である。そこで得られた情報をまとめると、以下のようになる。

  • iPadやAndroid端末はプライベートで使う人が多い
  • SurfaceはOfficeを搭載しており、ビジネス用途で求める人が多い
  • ビックカメラではiPad(9.7インチ)よりもSurfaceのほうが売れている
  • ビックカメラ全体では価格の安いSurface RTの方が売れている

これらの情報に基づき、BCNは自らが持つiPad(9.7インチ)の数字の±20%をSurfaceの数字として置くことで7.5%~10.9%という数字を導き出したのである。そしてその数字は、タブレット端末のビジネスユースという新しい市場を開拓したと結論付けている。

ノートPCの市場を侵食するSurface

筆者はここで違和感を抱かずにはいられない。「ビジネスユース」ということであれば、それを開拓したのはAppleのiPadである。確かにiPadでWordやExcellなどのOfficeに類するアプリを利用するユーザーはあまり多くはないだろうが、Officeを利用することがイコール「ビジネスユース」ではない。Officeを利用することが「ビジネスユース」であるならば、それは遠くの昔にノートPCやネットブック(今は死語になっている)が行ってきたものである。つまり、Surfaceはタブレット端末の「ビジネスユース」を切り開いたのではなく、「ビジネスユース」を担ってきたノートPCなどの市場を侵食したことに他ならない。すなわち、Surfaceが売れれば売れるほどiPadやAndroid端末の市場が縮小するのではなく、ノートPCの市場が縮小するのである。

Surface新製品発売せずに旧Surfaceを値下げ

MicrosoftはSurface RTとSurface PROの後継機となるSurface 2とSurface PRO 2の発売を発表した。日本の発売は未定だが、日本マイクロソフトはSurface RTとSurface PROの価格改定を行った。9月25日からの新価格は、Surface Pro が 128GB版 / 256GB版ともに1万円値下げして89,800円、Surface RT の32GB版が 5,000円値下げして34,800円、64GB版が3,000円値下げして44,800円(いずれもMicrosoft Store 価格)。Surface RTの32GB版は、発売日時点では49,800円であった。それを1万円値下げして39,800円としていたものが、今回の値下げで34,800円となった。当初価格からすると70%の価格に低下したことになる。 

広告
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする