iPad miniはiPadの73%を占める1,068万台

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Appleの決算数字が公表された。2四半期連続の減益ということで話題となっているが、これまでと同様の方法でiPadとiPad miniの販売台数を予測する。2012年10月-12月期と2013年1月-3月期、それに今回の4月-6月期の予測数字は以下のようになる。

  iPad mini iPad 合計 iPad miniのシェア
2012年10月-12月 1,073万 1,213万 2,286万 47%
2013年1月-3月 1,241万 707万 1,948万 64%
2013年4月-6月 1,068万  393万 1,461万 73%
合計 3,382万  2,313万 5,695万 59%

2012年10月-12月の推定⇒iPad miniの販売台数を推定する

2013年1月-3月の推定⇒2013年1-3月にiPad miniは1,240万台

広告
広告336

iPadの70%以上をiPad miniが占めている

iPad&iPad mini

右がiPad mini

これまで同様の計算方法で算出する

私が用いた予測方法は、iPadの販売台数と共に販売金額が必要となる。平均単価から逆算してiPadとiPad miniの販売台数の比率を算出する方法を採用している。前回、前々回はすぐに見つかったが、今回は販売金額がなかなか見つからない。日本のAppleが米国のPress releaseを日本語に翻訳したものを発表しているが、そこには台数のみで製品別の金額は記載されていない。決算発表の記者会見では発表しているはずであり、調べてみると日経新聞のWeb版で見つけることができた。2013年4月-6月期、Appleは1,461万台のiPadを販売しており、その金額は63億7,400万ドルであった。

仮定する数値もこれまでと同じ

計算方法はこれまでとまったく同じとした。

x:iPad miniの販売台数、y:iPadの販売台数とし、a:iPad miniの平均単価、b:iPadの平均単価とすると、

①x+y=1,461万台

②ax+by=63億7,400万ドル

これに前々回、前回と同じくb=535ドルを当てはめると。

x=144,235万台/(535-a)

となる。

以下の表は、aの数値に応じたiPadとiPad miniの販売台数である。

iPad miniの平均単価 iPad miniの販売台数 iPadの販売台数
340ドル 740万台 721万台
350ドル 824万台 637万台
360ドル 874万台 587万台
370ドル 931万台 530万台
380ドル 995万台 466万台
390ドル 1,068万台 393万台
400ドル 1,154万台 307万台
420ドル 1,254万台 207万台
430ドル 1,374万台 87万台
440ドル 1,518万台 -57万台

上の表はエクセルで作成してこちらに転記したのですが、その時行がずれてしまったようです。iPad miniの台数が1,068万台の欄は、平均単価が400ドルの欄でした。従いまして、この記事は2013年4月-6月期のiPad miniの平均単価が400ドルとした場合の試算に読み替えてください。-2013年11月3日訂正

iPad miniの平均単価を今回も390ドルとすると、iPad miniは1,068万台、iPadは393万台という数字がでてくる。iPad miniが全体に占める割合は73%となり、前回の推定数字の64%から9ポイントも上昇していることになる。

iPad 5はIGZOでiPhone並みのRetina搭載

現在販売されているiPadは、第4世代となるRetinaディスプレイモデルである。通常、iPad 4と表示される場合が多い。但し、iPadにRetinaディスプレイが搭載されたのは2013年春のiPad 3からであり、iPad 4とiPad 3との違いは殆どない。従って、従来のiPadユーザーがiPad 4に買い換える動きは見られず、新規ユーザーの殆どがiPad miniの入手に動いたと予想される。 そう見てくると、今秋に予定されている新製品が現行のラインナップの延長線上にあるとすると、iPad 5は機能的に大きく飛躍する必要がある。方向性としてはディスプレイの高機能化しかなく、現在はiPhoneに比べて劣っているppiをiPhone並とすることぐらいしかない。現行のディスプレイ技術でそれが可能なのは、シャープが一歩リードしているIGZOしかない。しかし、複数購買を貫いているAppleがシャープ1社に供給元を絞ることは考えられず、IGZOの供給元を増やすという隠れた目的をシャープとSamsungの提携に見たのであった。

IGZOをめぐるシャープとSamsungの駆け引き

広告
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする