2013年1-3月にiPad miniは1,240万台

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Appleの2013年1-3月期の決算が発表になった。売上高は前年同期比11%増の436億300万ドルであったのに対し、純利益は18%減の95億4,700万ドルと10年ぶりに減益という結果であった。減益となった原因として、ピーター・オッペンハイマーCFO(最高財務責任者)は戦略的な価格設定にしたiPad miniを含むiPadの売り上げが予想以上に多かったことと、iPhone 4の値下げ販売を理由として挙げた。

iPadとiPad mini

iPadとiPad mini

広告
広告336

決算数字からiPad miniの販売台数を推定する

iPadとiPad mini合計で1,948万台、87億4,600万ドル

前回の2012年10-12月期の決算発表後、発表数字を使ってiPadとiPad miniの販売台数を試算してみた。

iPad miniの販売台数を推定する

今回も同じ方法で試算してみる。

x:iPad miniの販売台数、y:iPadの販売台数とし、a:iPad miniの平均単価、b:iPadの平均単価とすると、

①x+y=1,948万台

②ax+by=87億4,600万ドル

という方程式が成り立つ。ここでiPadの平均単価が2012年7-9月期の平均単価と同じとすると、

b=535ドル

となる。これで上記の方程式を解いた結果、

x=167,580万台/(535-a)

が求められた。aにiPad miniの平均単価を入れればiPad miniとiPadの販売台数が求められる。

iPad miniの平均単価に応じた販売台数の表

以下の表は、aの数値に応じたiPadとiPad miniの販売台数である。

iPad miniの平均単価 iPad miniの販売台数 iPadの販売台数
340ドル 859万台 1,089万台
350ドル 958万台 990万台
360ドル 1,016万台 932万台
370ドル 1,081万台 867万台
380ドル 1,156万台 792万台
390ドル 1,241万台 707万台
400ドル 1,341万台 607万台
420ドル 1,457万台 491万台
430ドル 1,596万台 352万台
440ドル 1,764万台 184万台

上の表はエクセルで作成してこちらに転記したのですが、その時行がずれてしまったようです。iPad miniの台数が1,241万台の欄は、平均単価が400ドルの欄でした。従いまして、この記事は2013年1月-3月期のiPad miniの平均単価が400ドルとした場合の試算に読み替えてください。-2013年11月3日訂正

前回はiPad miniの平均単価を390ドルとしてiPad miniとiPadの販売台数を推定した。今回も同じ平均単価を使用すると、

iPad mini=1,241万台

iPad=707万台

という数字となる。表題の数字はこうして求められた訳だが、結構実態に近い数字ではないだろうか。iPad miniはiPad全体の64%を占めており、決算数字の純利益を押し下げる原因の一つとなったのである。

広告
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする