iPad miniの販売台数を推定する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Appleの2012年10月~12月期の四半期決算を見ると、なんとなくiPad miniがどれだけ売れたのかが見えてきそうな気がする。iPad miniを含む全てのiPadの販売台数が2,286万台であり、金額は106億7,400万ドルである。9.7インチのiPadの平均単価とiPad miniの平均単価が分かれば直ぐに計算できる。9.7インチのiPadの平均単価は、前期(7月~9月期)と同じとすることで大きな問題はないと思われる。とすればiPad miniの平均単価だけを推定すれば販売台数の推定が可能である。 

iPad mini

iPad miniを紹介するPhil Schille

広告
広告336

2012年末までにiPad miniは約1,100万台販売された

2次方程式を解く

x:iPad miniの販売台数、y:iPad(2と4合計)の販売台数とし、a:iPad miniの平均単価、b:iPadの平均単価とすると、

①x+y=2,286万台

②ax+by=106億7,400万ドル

という式が成り立つ。7月~9月期のiPadの平均単価は535ドルであることから、b=535ドルとしてこの2次方程式を解くと、

x=155610万台/(535-a)

が求められる。

iPad miniの平均単価を推定すれば販売台数が分かる

上記の解は、a(iPad miniの平均単価)に応じたx(iPad miniの販売台数)とy(iPadの販売台数)が算出できることを意味している。これを表に表したのが下の表である。

iPad miniの平均単価に応じた販売台数試算

iPad miniの平均単価 iPad miniの販売台数 iPadの販売台数
200ドル 465万台 1,821万台
220ドル 494万台 1,792万台
240ドル 527万台 1,759万台
260ドル 566万台 1,720万台
280ドル 610万台 1,676万台
300ドル 662万台 1,624万台
320ドル 724万台 1,562万台
340ドル 798万台 1,488万台
360ドル 889万台 1,397万台
380ドル 1,004万台 1,282万台
390ドル 1,073万台 1,213万台
400ドル 1,153万台 1,133万台
420ドル 1,353万台 933万台
440ドル 1,638万台 648万台
460ドル 2,075万台 211万台

問題はiPad miniの平均単価である。上掲の写真にiPad miniやiPadの価格が写っているが、これは小売店からコンシューマに販売される価格であり、ここで言う平均単価はAppleから小売店に販売される卸価格である。 その違いを分かった上で推定すると、iPad miniもiPad(2と4)も売れ筋は似ているのではないかと思われる。価格リスト上の重心が同じ部分いあるとすると、iPad miniの平均価格は390ドル前後であると推定される。上記の表で言えば、iPad miniの販売台数は1,073万台前後、9.7インチのiPadは1,213万台前後販売されたと推定される。

2013年はiPadの販売台数の半分をiPad miniが占める

調査会社のNPD DisplaySearchは昨年末、「Appleは2013年のiPad出荷台数として1億台を目標にしている。その内訳は、iPad miniが5,000万台、第4世代iPadが4,000万台、iPad 2が1,000万台だ」との予測を示している。NPDはディスプレイ専門の調査会社であり、Appleにディスプレイを供給しているメーカーの調査から出てきたものであることから、半数以上をiPad mini出占められるという予測には信憑性があると思われる。上記の推定も、iPad miniの販売期間が2カ月弱しかなかったことを考えれば矛盾はしていない。

広告
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする