シャープのGALAPAGOSは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シャープは2010年12月にタブレット端末GALAPAGOS(ガラパゴス)を鳴り物入りで発売し、1年もたたない2011年9月にはそのとき発売した2製品を販売中止とした。但し、GALAPAGOSの事業から撤退するわけではなく、新製品の投入や電子書籍配信サービスの展開も継続することを発表していた。その後、GALAPAGOSの話題はついぞ聞いたことがないが、現在はどうなっているのであろうか。

galapagos

鳴り物入りで参入したGALAPAGOS

広告
広告336

期待が先行したGALAPAGOS

2種類のGALAPAGOSを発売

GALAPAGOSの発売は2010年12月10日、AppleがiPadを発売した年の年末であった。iPadの発売以降、各社はタブレット端末の発売を行おうとしたが、iPadサイズの大きさのディスプレイでマルチタッチに対応できるOSは無いに等しかった。従って、スマートフォン用に作られたOSであるAndroidをiPadより小さい7インチ程度のディスプレイの端末に載せてみたり、通常のパソコン用のWindows 7をOSとして採用したりして間に合わせていた。
シャープのGALAPAGOSは、10.8型の液晶ディスプレイを搭載したホームモデルと、5.5型液晶を搭載したモバイルモデルの2機種であった。いずれも仕様上はマルチタッチに対応していたが、OSはAndroidをベースにしてシャープがカスタマイズしたものを搭載していた。価格は、ホームモデルが54,800円、モバイルモデルが39,800円であった。

GALAPAGOSは電子書籍リーダーとしてスタート

GALAPAGOSはカラーのディスプレイを搭載しており、AppleのiPadを追従したタブレット端末であった。しかし、発売時点ではAndroid Market(現在はGoogle Play)は利用できず、プレインストールされたアプリは電子書籍配信サービスしかなかった。iPad同様の多機能端末として登場したが、当面は電子書籍リーダーとしてしか利用出来ないものであった。電子書籍配信サービスは、CCCと提携して合弁会社のTSUTAYA GALAPAGOSを設立、端末発売と同時に約2万冊の電子書籍でスタートさせた。

GALAPAGOSの実販売台数は5千台程度

東洋経済の記事によると、GALAPAGOSの実質販売台数は5千台程度であったとされている。失敗の最大の原因は、GALAPAGOSを電子書籍リーダーとして売ろうとしてきたことにあるのは明らかである。
米国では電子書籍の市場が大きく拡大しているが、日本では配信事業者や端末メーカーの期待に反して一向に立ち上がる気配を見せてこなかった。ようやくその可能性が見え出したのはAmazonが日本上陸した今年の10末からであり、それも電子書籍専用端末Kindle paperwhiteが発売直後に品切れしてからである。
Kindle Paperwhiteは電子ペーパーを採用しており、活字を読むのに最も適している。また、価格は7,980円と1万円を切っている。電子ペーパーは液晶ディスプレイよりも価格を安く設定することができるが、できるだけ安くすることが必要である。Kindle Paperwhiteの記事でも書いたが、紙の書籍を読むのに特別な道具は必要ない。デジタルの本では必要となる場合、得られる便利さと価格の関係がどうしても問題となる。

Kindle Paperwhite国内発売

GALAPAGOSからは事実上の撤退

シャープは、GALAPAGOSのオフィシャルサイトを現在でも開設している。また、電子書籍ストアもCCCとの提携を解消した後もシャープの完全子会社のGALAPAGOS NETWORKSが提供を続けている。しかし、タブレット端末はEB-A71GJ-BとA01SHの2機種しか販売を行っていない。しかし、EB-A71GJ-BはA01SHをベースとしてWiMAXや3Gに対応させた製品であり、基本的な仕様や外観はA01SHとまったく同じである。A01SHは、2011年8月にイー・モバイルから発売されたWi-Fi対応モデルである。EB-A71GJ-Bの発売は2011年12月、つまりGALAPAGOSは1年前の製品が現行製品ということになる。GALAPAGOSから撤退するわけではないと言いつつも、事実上は撤退状況にあることは明らかである。

広告
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする