噂の中心はiTVからiPad miniへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
広告336

5月頃はAppleがiTVを出すという話題が飛び交っていた

AppleがTVを発売するという話題は、かなり前からネット上で飛び交っていた。今年の5月頃はそれがこれまで以上にヒートアップし、Appleの製品を製造しているFoxconnのCEOが「アップルの次世代ハイビジョンテレビの製造準備を進めている」というコメントを発表し、その直後に発言の事実そのものを否定する発表がなされるなど、話題を盛り上げることに一役買っていた。

apple-itv

AppleのTVとして噂されているiTVの想像写真

Apple TVの開発コード名はiTVであった

Appleは開発コード名iTVを2006年9月に発表した。しかし、翌年1月の正式発表時は、Apple TVに変更されていた。Appleの製品は、1998年のiMacの発売以降はiPod,iPhone,iPadと頭に小文字のiを使用するのが慣例となっている。したがって、iTVという製品が登場するであろうことは容易に予想できたが、Apple TVはAppleの製品の流れからいえば主流ではなく、傍流となる。iPodやiPhone、iPadはユーザーが直接利用するメディアプレーヤーだが、Apple TVは別途家庭用TVを必要としている。つまり、iTVという名称が使えるのはApple TVの機能を内蔵した家庭用TVということになる。Apple TVは家庭用TVに接続するSTBであることから、AppleはiTVを製品名に使うのを取りやめたものと思われる。

現在はiPad mini発売の話題一色という状況

特に8月に入ってから、Appleに関する話題はiPad mini一色という状況になっている。最近は発売日まで具体的に予測されており、Apple製品の発売日をこれまで正確に予測してきた実績を持つiMoreは、iPad miniと新型iPhoneが9月12日(米国時間)に発表され、発売日は9月21日と発表している。

iPad miniは小さなiPadではなく大きなiPhone

という予測が広まっている。私も以前の予測でiPad miniではなく新型iPod touchだと述べたが、基本は見出しの予測と一致している。iPad miniは小型サイズとなることでiPadとは異なった持ち方になる。

  • iPadは持つときに手のひらの一部が表面に触れることになる
  • iPad miniは片手で裏側から支えることになり、指はサイド部分に触れるのみ

したがって、iPadは液晶のふちの幅が広かったが、iPad miniのふちはiPhoneと同じように狭くなる。見た目はiPhoneと良く似たものになるとしている。

広告
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする