『2年縛り』はなくならないキャリアの2年縛りの見直し

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドコモが『2年縛り』を見直すとして2年後の解約期間を1カ月から2カ月にすることを打ち出したが、1週間後にはそれを無期限にする案を持ち出してきた。これまでは1カ月の更新期間に解約しないと自動更新されていたが、今後は何時解約しても違約金は発生しない。しかし・・・・、『2年縛り』そのものは残ることになる。

1カ月を2カ月にしただけのキャリアの2年縛りの見直し
今年1月の決算説明会の席上、ドコモの加藤社長が携帯電話の2年縛りをこの3月に見直すことを明らかにした。現時点でその具体的な発表はされていない...
広告
広告336

『2年縛り』を残した上で割高な新料金プラン導入をちらつかせている3キャリア

kumonosu

Image

『自動更新の廃止』と割高な新料金プランはセットに出来ない

1カ月しかなかった解約期間を2カ月に伸ばすのは新たな料金プランではなく、解約条件の変更であった。しかし、今回の場合は1カ月を無期限に伸ばす条件変更ではなく、新たな料金プランの提案になるようだ。何時でも解約できる代わりに、

  1. 2年間の料金は現在よりも割高になる
  2. 3年目からは料金が上がる

というような案が検討されているらしい。しかし、これはどちらもあまり意味のない『見直し』である。両案共に2年間拘束されることに変わりはなく、1の場合は2年後の『自動更新の廃止』を獲得するのに割高な料金を2年間支払うメリットはまったくない。また上記2の場合、殆どのユーザーがキャリアを変えることに繋がるだろう。解約できる期間が1カ月であることのユーザーの不満は、うっかりして解約期間が過ぎてしまうところにある。しかし、そのようなユーザーは、普段はキャリア乗り換えを真剣に考えていない人たちである。そのような人たちの料金が2年後に割高になった場合、彼らはキャリアの乗換えを真剣に考えだすだろう。

現在は去年の夏の段階まで後戻りしている

前回の記事でも書いているが、総務省が2年縛りの見直しに取り組むことが明らかになった後の昨年の5月、キャリアは更新月の事前案内を行うことや、更新期間を2カ月にすることなどを表明していた。そして夏には拘束期間を2年から1年にする案や2年後は自由に解約できる案などが出ていた。つまり、今は去年の夏の段階に後戻りしており、3キャリアは1年前に立てたシナリオを遅れて再演していることになる。これは3キャリアのサボタージュともいえる行為だが、恐らく総務省との出来レースなのだろう。総務省はキャリアに安い料金プランを求めることをセーブし、替わりにMVNOに移りやすくするすることを求めてきた。それが一時的に停滞せざるを得なかったことから、キャリアの動きを暗黙のうちに認めているのであろう。

1年前のシナリオでの再演の観客は・・・・・

今回の2年縛り見直しの動きの発端は、産経新聞のKDDIの田中社長とのインタビューであった。この中では『自動更新の廃止』とされており、2年後は自由に解約できることを前面に打ち出している。また、『3年目以降の契約については割引条件の変更などを検討中』とも記されているが、『消費者に受け入れられやすい料金プランになりそうだ』と好意的に捕らえている。しかし、産経新聞の記事直後にドコモも自動更新の廃止を打ち出したが、現行よりも割高となる新料金プランの可能性にも触れている。このようなキャリアの動きを見ていると、今回の『再演』の観客は高市総務相と安倍首相を想定していると思われる。この問題の落とし所は割高な料金設定無しの『自動更新の廃止』だと思っているが、もしそうなったとすると、あの二人の思いつきは『2年縛り』改善策の実施を遅らせただけでしかない。

スマホの低料金コース新設を提言させただけの総務省
安倍首相の指示で携帯電話料金の引き下げを検討していた総務省の有識者会議は、16日にスマホの低料金コースの新設を主な内容とする提言をまとめた。...

広告
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする