AQUOS K(SHF31)のテザリングでWi-Fi版iPadを使う

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AQUOS K(SHF31)はガラケーのようなスタイルをしたスマホであり、10台までのWi-Fi機器をインターネットに接続できるテザリング機能を搭載している。私の場合は一時的なインターネット環境を作りたいことからAQUOS K(SHF31)の購入を考えているのだが、AQUOS K(SHF31)を使ってiPadをインターネット接続するというニーズは結構あるのではなかろうか。ガラケーをスマホに買い換える気はないが、Fi-Fi版iPadを外出先で利用したいというユーザーにはベストの方法になるのではなかろうか。

広告
広告336

携帯電話はガラケーで良いという人はiPod touchやiPadをAQUOS K(SHF31)のテザリング機能を使って外出先で利用することをお奨めします

ipad-tethering

iPad-Tethering

AQUOS KとiPadの2台持ち

既にスマホを持っているユーザーは、そのテザリング機能を使うことで問題は無い。しかし、携帯電話はガラケーで良いというユーザーでiPadを外出先で使いたいと言う場合、モバイルルーターを買い足すことになる。モバイルルーターは月額3,000円から4,000円ぐらいしており、iPadを外で使う頻度の少ないユーザーにとっては結構な出費となる。一方、AQUOS K(SHF31)にはダブル定額というデータプランが用意されており、月額500円から利用できる。上限は4,200円であることから、予定外の利用が多かった月でも4,200円を超えることは無い。AQUOS K(SHF31)のディスプレイはガラケーと同じサイズ(約3.4インチ)しかなく、情報端末として使用するのには小さすぎる。AQUOS K(SHF31)をガラケーとして利用し、iPhoneよりも大きなディスプレイのiPadに情報を映し出すのは端末の2台持ちとしてはかなりリーズナブルな方法ではないだろうか。

iPhoneの代わりにiPod touchとAQUOS Kの2台持ち

ここまで書いてきてふと思ったのは、iPadではなくてiPod touchという手もあるのではなかろうか。iPhoneの情報端末としての機能だけが必要な場合、iPod touchとAQUOS K(SHF31)の組み合わせは最も安上がりな方法となる。但し、これが可能になったのは新料金プランが契約できるようになった7月10日からである。それまでは基本的に従来のスマホの料金プランしかなく、『AQUOS K スタート割』の1,000円を引いて最も低い金額でも最低月額5,500は必要である。新料金プランは『LTEプランS』と『LTEダブル定額』の組み合わせであり、月額は使用するデータ量に応じて1,798円から5,498円の間となる。上限の5,498円はこれまでの最低料金の5,500円と同じであるが、データ料が少ない時は・・・・月10MB以内であれば500円しかかからない。この場合、月額は1,798円で収まる。

私の場合はテザリング機能搭載スマホを月額934円で維持・・・できるのか?

『LTEプランS』は1,100円(最大27分)分の無料通話が含まれており、月額は998円である。発表された当初は『LTEプランS』単独での契約が可能と誤解していたが、実際は『LTEダブル定額』の契約が必須であった。従って、新料金プランでは最低月額が1,798円となる。しかし、『S』を外しただけの『LTEプラン』というのがあり、こちらは組み合わせが必須となるデータプランは用意されていないデータプランとして『LTEフラット』というのが用意されている。但し、『LTEフラット』の契約は必須ではなく、基本契約の『LTEプラン』のみの契約が可能となっている。私がAQUOS K(SHF31)を購入候補に挙げた理由は、一時的にインターネットに接続する環境を作りたいからであった。具体的には両親の住む家に帰省した時にPCをインターネットに繋ぎたいからであり、それ以外は通話できればそれで良い。そこで『LTEプラン』で契約し、テザリングが必用な時にデータプランを契約する・・・という方法で月額を934円に収めようと考えた。

【7月13日追記】結局、毎月1,798円は最低支払わなければならないことが判明した

しかし、この記事を書いてから入った風呂の中で大きな誤りに気が付いた。『LTEプラン』はデータプランの契約は必須ではないが、使えるデータプランは『LTEフラット』しかないのであった。『LTEプラン』は月額5,700円で7GBまで使えるデータプランだが、それだと1,000円の割引(AQUOS K スタート割)を入れても月額5,934円になる(934+5,700+300-1,000=5,934)。通常月が934円で済むとしても、テザリングが必用な月は5,000円もプラスされる。これではモバイルルーターをレンタルしたほうが安く済み、AQUOS K(SHF31)を購入する意味が無い。昨日この記事を書いたときは『LTEプラン+LTEフラット』と『LTEプランS+LTEダブル定額』を混同してしまい、現実には組み合わせることができない『LTEプラン+LTEダブル定額』を考えてしまった。結局、私のニーズに合ったAQUOS K(SHF31)の料金プランは、新料金プランの『LTEプランS+LTEダブル定額』しかないことがハッキリした。毎月最低でも1,798円支払わなければならない。

広告
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする