SIMロック解除しなくてもMVNOできるドコモのiPhone

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5月からSIMロック解除が義務化されたが、そのルールについて不満の声が聞こえてくる。特にドコモの場合、これまでは手数料を払えば購入直後でもSIMロック解除に応じていたのだが、新ルールの下では購入後6ヶ月経たないとSIロックを解除できなくなった。これがルールの改悪だとして評判が悪いのだが、それがどうして問題なのだろうか。ドコモの端末はSIMロックを解除しないままで格安MVNOで利用可能であり、SIMロック解除のルールがどうのこうのということは関係ない。

広告
広告336

格安MVNOに乗り換えようとする場合、ドコモの端末だとSIMロックのままでも可能・・・KDDIとソフトバンクはSIMロック解除された端末であることが必須の条件

iphone-5

iPhone 5

ドコモの端末を海外で使用するにはSIMロック解除が必要

SIMロック解除のニーズは、現在のドコモの場合は海外で現地の事業者のSIMを使いたいという場合だけである。ドコモによると、これまでは年間11~12万件の解除に応じてきたとのことなので、その数字がそれに当てはまると思われる。これらのニーズがある人の場合、これからは端末を購入して6カ月は待たなければならなくなる。しかし、突き放した言い方をさせてもらうとすると、海外に行くスケジュールに合わせて端末の購入時期を決めれば良いだけの話である。新しい端末が欲しいのであれば、今年の4月までに発売された端末を購入しておけばよい。

ドコモの端末はSIMロックされていても格安MVNOを利用可能

ドコモの端末に限らず、SIMロックされている端末は他のキャリアでは利用できない。しかし、手持ちの端末を他のキャリアでそのまま利用しようというニーズはあるのだろうか・・・それはまったくと言って良いほど考えられない。現在の3キャリアの料金体系は横並びとなっており、料金的なメリットが出てくるわけではない。逆にMNPで新しい端末を購入したほうが料金的なメリットがあり、古い端末を持ったままでのMNP転出は考えられない。残るニーズは・・・・実はこれが最大のものだが、格安MVNOへの転出である。しかし前述の通り、ドコモの端末はSIMロック解除しないままで格安MVNOが利用可能なことから、SIMロック解除が必要となるのはKDDIとソフトバンクの端末である。

ポイントは、KDDIとソフトバンクのiPhoneがSIMロック解除されるか否か

お気に入りの端末で格安MVNOを利用したいという場合、その大半はiPhoneユーザーだと思われる。勿論、ExperiaやGalaxyのユーザーもいるだろうが、日本ではiPhoneユーザーが圧倒的に多いのは間違いない。となると、今回の『SIMロック解除の義務化』のポイントは、実は『iPhoneがSIMロック解除されるのか否か』という1点に絞り込まれる。そこで出てきた回答は、ドコモはSIMロック解除の対象とするが、KDDIとソフトバンクは態度を明らかにしていない・・・というものである。ドコモのiPhoneはSIMロック解除されなくても格安MVNO利用は可能であり、SIMロック解除の対象とするか否かはどうでも良い話となる。しかし、KDDIとソフトバンクのiPhoneはSIMロック解除されることが必須であり、一番肝心なことについては引き伸ばし作戦で応じたことになる。

今後はMNPで新機種購入よりも格安MVNO利用が本格化する?

iPhoneの場合、SIMフリーの端末が以前からApple Storeで販売されている。格安SIMを最初から利用したい場合はそれを購入すれば良いのだが、中国人以外には殆ど売れていないらしい。『一括ゼロ円』でキャリアからiPhoneを購入した場合、2年間の支払い総額は『SIMフリーiPhone+格安MVNO×2年間』よりも安くなる。従って、iPhoneユーザーは『MNPでiPhoneを安く購入』し、2年後に他のキャリアに移って同じことをするのが一般的であった。2年後にiPhoneの新機種を使いたいユーザーは今後も同じことをするだろうが、KDDIとソフトバンクのiPhoneユーザーにはもう一つの選択肢が増えることになる。それが『古いiPhoneを格安MVNOで使用する』というものであり、そこで利用されるのは(殆どが)ドコモの回線となる。一方、ドコモからのMNP転入は、『古いiPhoneを格安MVNOで使用する』ドコモユーザー分だけ減少することは間違いない。

2年縛りが解けるドコモのiPhone 5s/5c

この秋、2013年にドコモで購入したiPhone 5s/5cの2年縛りが解けることになる。SIMロック解除の対象ではないが、ドコモのiPhoneはSIMロックされていても格安MVNOを利用できる。2年経過したことで代金支払いの恩恵がなくなり、1カ月だけ違約金支払いも免除される。ここでどれだけのユーザーが格安MVNOに転出するのか・・・というのが注目の的となるだろう。その状況によっては、KDDIやソフトバンクも自前の回線を使用するMVNOを受け皿として用意することも考えられる。KDDIとソフトバンクのiPhoneをSIMロック解除の例外とすることは無いと思うが、対象とした場合の対策をとる時間稼ぎをしているのは間違いない。

広告
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする