SIMロック解除の義務化で示したドコモの思いやり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドコモとKDDIがSIMロック解除のルールを発表した22日以降、ドコモの採用した方法が従来のものの改悪だという指摘がされている。従来は3,240円の事務手数料を支払えば即日可能であったが、新ルールでは購入して6カ月経過後でなければSIMロック解除に応じなくなった。これは端末代金を一括で支払った場合も同様であり、総務省が認めた『代金踏み倒しや端末転売の防止』のための対策を拡大解釈していることを指摘する記事もある。そう言われればそうかも・・・・と思いつつ、真剣に考えてみた。

広告
広告336

即日SIMロック解除に応じるとKDDIやソフトバンクより優位に立つのでそれを押さえるために6カ月後としたドコモの思いやり

iphone6/plus

iPhone 6/iPhone 6 Plus

SIMロック解除の対象にiPhoneが加わる

NTTドコモはこれまでもAndroid端末においてはSIMロック解除に応じていた訳だが、総務省のガイドラインでSIMロック解除が義務化されることでドコモが困ることは何か・・・・を考えてみた。これは改めて考えるまでもなく、AppleのiPhoneの存在である。ドコモは原則SIMロックの解除に応じてはいるが、2013年発売のiPhone 5s/5cや2014年発売のiPhone 6/6 plusは例外として認めていない。今回のSIMロック解除の義務化により、今秋に発売されるであろうiPhoneの新製品は今回のルールを当てはめることになる。事実、ドコモの広報は次期iPhoneは『5月以降の発売となるため、SIMロック解除に対応する』とのこと。とすると次期iPhone購入者は、発売2年後は大量にMNPでいなくなることは確実である。従来と同じく新端末購入を求めるKDDIやソフトバンクへの転出に加え、旧端末を持ったままでの格安MVNOへの転出である。

iPhoneはSIMロック解除しなくても殆どのMVNOが利用可能

ここで大きな思い違いをしていることに気が付いた。ドコモのiPhoneの購入者は、MVNOで格安サービスを利用するためにSIMロックを解除する必要は(殆ど)ない・・・・のであった。MVNO事業者の殆ど(現在は1社がKDDI)はドコモの回線を利用しており、SIMカードもドコモのものを借用している。そのため、ドコモの回線を利用しているMVNO・・・1社を除くその他の全て・・・にMNPする場合は、SIMロックの解除をしないままで利用可能となる。このブログの読者の中にはこのような記述があると質問してくる人がおり、2重手間にならないように私がこの情報を得たサイトのリンクを貼っておいた。

iPhneの値引き原資が減ってしまう・・・歯止めをかける180日

前述の通り、ドコモで購入したiPhoneは、殆どのMVNOで利用可能である。しかし、KDDIやソフトバンクで購入したiPhoneは、MVNOで利用するにはSIMロック解除が必須となる。つまり、今回のSIMロック解除の義務化は、ドコモよりも大きな問題としてKDDIやソフトバンクには圧し掛かっていたのであった。2年おきに新しい端末を使いたいユーザーはこれまで通りMNPのはしごをするだろうが、毎月の通信料を抑えたいユーザーはSIMロック解除でMVNOに乗り換えることは間違いない。それが端末代金を差し引く期間が終了する2年後であれば問題ないが、途中で解約するユーザーが出た場合、その人数と契約期間の組み合わせによっては端末の値引き原資が不足することになる。そのギリギリの限度としてでてきたのが、KDDIの180日という数字なのだろう。つまり、SIMロック解除までに一定の期間を必要としたのはKDDI(とソフトバンク)であり、ドコモはそれに合わせただけにすぎない。

6ヶ月に合わせたのはドコモの思いやり

MVNO事業者は殆どがドコモの回線を使用しており、ドコモからMVNOでの転出は通話料が減ることはあってもゼロになる訳ではない。そしてKDDIやソフトバンクからのMVNO転入が見込まれることから、SIMロック解除に6カ月の期間を設ける必要性は他の2社よりは少ない。また、従来通り即日解除に応じた場合、それはMVNO希望ユーザーにとっては大きなインセンティブになる。逆に言うと、KDDIやソフトバンクにとってはMNP転出の大きな脅威になる。KDDIに合わせて6ヵ月とした事は、KDDIやソフトバンクに対するドコモの思いやりであったのではなかろうか・・・・私にはそう思えてきた。もっとも、KDDIのおかげでiPhone値引きの原資を減らさないですんだとほくそ笑んでいるのかもしれないが・・・・

広告
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする