格安MVNOでテザリングができないドコモのSIMフリー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネット接続環境が無い場所で一時的に接続する方法を探しているのだが、ドコモのスマホをSIMフリー化して格安MVNOを利用する方法を考えた。しかし、ネットで少し調べると、格安MVNOが提供するSIMカードはテザリングがロックされていて使用できないらしい。これはSIMロックとは異なり、SIMロック解除が義務化される今年の5月以降も変わらないらしい。

広告
広告336

ドコモの端末は、月480円でデータ通信できるヨドバシの格安SIMを利用したテザリングはできない仕様となっている

iphone-tethering

iPhoneのTethering

モバイルルーターのレンタルは便利だが高い

一時的にインターネットに接続する方法として最も手軽なのは、モバイルルーターをレンタルする方法だろう。現在は1日300円以下でレンタルできるサービスもあり、2週間だと3,000円台前半、1カ月だと4,000円台前半というサービスもある。1度『Wi-Fiレンタル屋さん』というサービスを利用してみたが、利用場所に届けてくれて返却も空港で郵便ポストに投函するだけで良かった。この時は450円/日のサービスだったが、7泊8日で送料や保障サービス込みで5,000円を少し超えただけであった。しかし、半月や一月となった場合は7~8,000円となるのは確実であり、もう少し安くならないかとどうしても考えてしまう。私がスマホユーザーだとスマホのテザリング機能を使えば良いが、一時的にその機能を使うためにガラケーからスマホに替える気にはならない。そこで思いついたのが、格安のMVNOを利用する方法である。

250kbpsという回線速度だが帯域制限は無い

ヨドバシカメラが昨年の9月1日に発売したMVNOのSIMカードは、『ヨドバシカメラオリジナルWIRELESS GATE WiFi+LTE』という製品名になっている。最安プランは月額480円となっており、価格としては申し分の無い安さである。但し、回線スピードは250kbpsとMbpsが普通になった現在ではかなり遅い。但し、私の場合はメールが主要目的であり、サイトの表示はテキストが中心となっている。最近のサイトは大きな画像を表示するようになっており、幾分かのストレスは覚悟する必要があるかもしれない。しかし、情報検索で多くのサイトを表示しなければならないときは、ネットカフェに行けば済む話である。通話ができないことから現在のガラケーを持ち続ける必要があるが、月額480円のプラスは十分検討する価値がある。また、『ヨドバシカメラオリジナルWIRELESS GATE WiFi+LTE』は、他の格安MVNOの多くが採用している帯域制限がないことも大きな優位点となっている。

SIMロック解除の義務化でもテザリングのロックは解除されない

私と同じことを考えたユーザーも多いと思われ、『ヨドバシカメラオリジナルWIRELESS GATE WiFi+LTE』ではドコモの端末を使ったテザリングができないことが直ぐに判明した。現在、ドコモは端末にSIMロックをかけて販売しているが、テザリングに関してもドコモの純正SIM以外では利用できないようにしている。これはテザリングに関しての機能制限であり、SIMロックを解除してもテザリングが可能になる訳ではない。ドコモは総務省の指導によってSIMロック解除には応じるようだが、テザリングのロックについては態度を明らかにはしていない。また、総務省もテザリングのロックについては静観の構えを見せており、このまま継続される公算が強い。インターネットに格安で接続する良い方法を見つけたと思っていたが、そう簡単に問屋が卸してはくれないようである。

広告
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする