MNPキャッシュバック戦争の後始末が続いている

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月に入って突然終焉を迎えたiPhoneのMNPキャッシュバック戦争だが、その後始末が2カ月近く経った今でも続いている。MNPキャッシュバック欲しさに手に入れたiPhoneは中古屋に売られたのだが、多くの中古屋の販売価格は3月時点の価格のままに据え置かれている。一部の店では5月の連休明けに価格を上げているが、この場合も「適正価格に戻しただけ」という側面が強いようだ。

kaitori-site

中古買取店のサイト表示

キャッシュバック戦争は2月に大きく拡大したことから、キャッシュバック欲しさに購入された不要なiPhoneが中古屋に大挙して持ち込まれた。中古屋に3万から4万円で買い取ってもらうと、それがキャッシュバックの5万円にプラスされることになる。3月中旬にはキャッシュバック戦争終焉の噂が駆け巡り、駆け込み需要で携帯ショップは大混雑したとされている。それが中古屋に持ち込まれたことで、中古屋のiPhoneの販売価格は大きく下がったのであった。

中古品の販売価格の低下に伴い、買い取り価格も同じように低下した。5月の連休明けに一部の店でiPhoneの売値と買い取り価格を本来の価格に戻したところ、それを聞きつけた人からの査定依頼が急増したとの事。買い取り価格の落ち込みで売却を見合わせていた人がまだかなり残っていたということであり、MNPキャッシュバック戦争の後始末は今も続いている。

広告
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告
広告336