ドコモがMNP乞食対策~MNP転出手数料値上げ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NTTドコモは5月14日、MNP転出手数料の金額を2,000円から5,000円に値上げする。但し、対象となるのは、端末の購入を伴わない新規契約を行って90日以内にMNPで転出する場合。つまり、MNP乞食封じのための対策である。高額なキャッシュバック戦争は3月末で終焉したが、MNP転入者への優遇政策は依然として継続しており、MNPによる流出を少しでも防ごうというもの。

docomodake

docomo Dake

 

同様の値上げはソフトバンクは既に昨年の9月に実施しているが、KDDIでは値上げする予定は現在のところ無いとしている。ドコモの値上げも遅すぎたという声もあるのだが、3月まで展開されたキャッシュバック戦争では5万円以上の金額が乱れ飛んでおり、たかが3千円の値上げ程度では何の効果も無かったことは明らかである。

一方、総務省がキャリアの報奨金制度を見直さない限り、今後もMNP転入者優遇は継続することになる。しかし、MNPによる収入(キャッシュバック)が激減したことから、MNP弾用の契約を用意してまで稼ごうとするMNP乞食も激減している。手数料は3,000円しか上がらないが、現在のような状況下では歯止めとして十分に機能すると思われる。

広告
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告
広告336