日本で普及する最初のファブレット”Xperia Z Ultra”

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外では既に発売されたSonyのファブレット「Xperia Z Ultra」が、年明け早々にも国内発売されそうである。ファブレットとはスマートフォンとタブレットの間に位置する情報端末であり、液晶サイズは5インチ以上、7インチ未満とされている。Xperia Z Ultraの液晶サイズは6.4インチであり、ファブレットの中でも大き目のサイズとなっている。国内ではKDDIから発売される可能性が指摘されている。

広告
広告336

Xperia Z UltlaはSony製だから売れる?

htc-one-max

HTCのHTC ONE MAX

スマホからファブレットへの買い替え

私は、Xperia Z Ultraは結構売れるのではないかと思っている。それはiPhoneやiPadを持っている、もしくは持ちたいというユーザーではなく、スマートフォンに買い換えたが更にタブレット端末も欲しくなったというユーザーが買うのではないかと思っている。但し、一つ重要な前提条件があるのだが、それは音声通話をする必要が殆ど無いユーザーに限られるということである。先に書いた記事で触れた私の友人のようなユーザーが最も適合している。

Xperia Z UltraはKDDI発売のファブレット?

通話はしないが念のために機能は残したい

当初はスマートフォンで通話している人を見ると大きな違和感があったが、それが当たり前の風景となった今はまったく違和感はなくなった。しかし、iPad miniや7インチのタブレット端末で通話をしている姿を想像すると、それは違和感を通り越して滑稽な風景と言わざるを得ない。そのこともあり、iPad miniはCellularモデルに音声通話機能を持たせなかったと思われる。近頃はヘッドセットを利用するユーザーも多くなったが、これを常時付けるのは邪魔くさい。頻繁に通話をするユーザーしか使用しないことは明らかであり、この場合はスマートフォンをファブレットに替えようとは決してしないだろう。

メールが殆ど・・・無料通話アプリもある

スマートフォンで利用するのは殆どがメールであり、通話はLINEなどの無料通話アプリで行うという方法が普及している。しかし、もしもの時に備えて通話機能は残しておきたい。そしてタブレット端末的な利用を行いたいとすると、そのニーズを満たしてくれるのはファブレットということになる。先に記事に書いた私の友人も私と同じ団塊世代であり、ディスプレイは大きければ大きいほど使い易くなる。通話機能は外せないとなると、ファブレットの落ち着かざるを得ない。

ファブレットの市場はAppleが作った

1~2年前ならば、私もファブレットが日本で売れるとは言わなかっただろう。スマートフォンが出てきてそれにタブレット端末が出てきたことから、その中間に位置するファブレットの市場の可能性が生まれたのである。そういう意味では、ファブレットの市場はAppleが作り出したという事ができる。但し、Appleがファブレットに参入することは、私には考えられない。SamsungやSonyにとっては端末の販売台数を拡大することになるが、Appleの場合はipad、特にiPad miniの市場を食い千切ることになる。

Sonyのファブレットというのも大きな理由

Xperia Z Ultlaが売れると思うもう一つの理由は、それはSamsungではなくSonyの製品だからである。Samsungもスマートフォンの日本向けローカライズに積極的に応じているようであるが、やはり政治的な影の影響が払拭できないと考えるのは私だけではないと思う。Samsungは今や世界第一位のスマートフォンメーカーだが、日本でのシェアはかなり低いままである。今夏のドコモのツートップの一つに選ばれたが、販売台数はSonyに大きく差をつけられていた。スマートフォンは他の家電製品とは異なり、ファッション性の高い製品である。つまり、製品選択において好き嫌いがどうしても優先される。それはデザインや機能だけでなく、メーカーのイメージも大きな要素の一つである。

広告
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする