ドコモ版iPhoneはMNPを中心に改善

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドコモの加藤社長は10日、冬春モデルの発表会で新型iPhoneの販売状況について、10月に入ってMNPを中心に改善しており、「ご心配頂かなくても大丈夫」と発言した。加藤社長によると、9月にMNPの転出が止まらなかった要因として他社が旧モデルのiPhone 5やiPhone 4Sのキャッシュバックキャンペーンを積極的に展開したことや、2007年に提供を開始した割引サービス「ファミ割MAX50」や「ひとりでも割50」の2年契約が終了するタイミングであったことなどを挙げた。

広告
広告336

ドコモ版iPhoneの出遅れの背景

docomo-iphone

DoCoMoのiPhone

ファミ割MAX50と旧機種のキャッシュバックキャンペーン

ドコモは9月からiPhoneの扱いを開始したがMNPによる転出超過が133,100件に上った。9月は2007年8月に開始したファミ割MAX50などの更新月であり、潜在的転出者が多い中では少ない実績に終わったと思われる。また、133,100人の転出者増は、KDDIやソフトバンクがiPhone 5などのキャッシュバックキャンペーンを行った結果である、という私の書いた9日の記事を加藤社長が証明してくれた格好となっている。

iPhoneでもドコモは転出超過が止まらない

また、加藤社長は「全国に2,400あるドコモショップのうち、iPhoneを取り扱ったのが半分以下の1,000店であったこと」、「キャリアメールであるspモードへの対応が10月にずれ込んだこと」の2点を挙げ、10月になって「対前月、対前年とMNPを中心にみているが改善してきている」ことを明らかにした。

10月1日にspモードに対応

加藤社長の話を裏付けるように、9月30日から10月6日のBCN週間売上ランキングでは、ドコモのiPhone 5s 32GB、iPhone 5s 64GBがそれぞれ1位と2位となった。また、iPhone 5s 16GBも8位にランクインし、ドコモiPhone 5sは3機種全部が10位以内を確保した。販売開始時には間に合わなかったspモード対応も、10月1日から予定通り始まっている。仕事上は別として、日常生活では携帯電話のキャリアメールは必須となっている。iPhoneのspモード対応を待ってiPhoneへ機種変更したドコモユーザーは多かったはずだ。しかし、spモード対応がiPhoneの取扱開始に間に合わなかったのは、Appleとの交渉がまとまったのが9月初旬、関係者の話として朝日やNHKがニュースを流した時と一致しているしていると思われる。

広告
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする