日本の携帯電話とスマートフォン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォンの定義は、iPhoneの登場によって大きく変化することになった。iPhoneが登場する前、スマートフォンは、

  • インターネットに接続できてメールなどが利用できる高機能な携帯電話

とされていた。米国では携帯電話は通話が出来れば良く、それ以外の機能は必要ないというのが一般的であり、日本の携帯電話のような高機能性は求められていなかった。このスマートフォンの定義からすると、日本の携帯電話はすべてスマートフォンということになる。しかし、日本の携帯電話がスマートフォンと一緒にされることはなかった。

広告
広告336

日本はキャリアの独自ネットワーク上でサービス提供

日本の携帯電話とスマートフォンの最大の違いは機能面ではなく、その機能を提供したのが日本の場合はキャリアであったことによる。NTTドコモはiモード、KDDIはEZweb、ソフトバンクはYahoo!ケータイと名づけているが、各々インターネットへの接続サービスを提供している。しかし、インターネットに接続するだけでなく、独自のネットワークを構築して様々なサービスを提供している。代表的なものとして着うたフルのサービスがある。これはキャリアが構築した独自ネットワーク上で提供されるコンテンツサービスであり、課金手数料というかたちでキャリアのビジネスになっている。

cyakuuta

各キャリアの公式サイトから提供された着うたフル

 スマートフォン化でキャリアの役割が縮小

一方、スマートフォンの場合、ほとんどの機能はインターネット上で提供されることから、それにかかわる企業はキャリアや端末メーカーに限られることは無い。ただ、その機能を利用するためのアプリは端末に搭載したOSを開発した企業が担うことになる。Appleの場合、OS開発と端末メーカー、コンテンツ配信サービスを同時に展開していることになる。スマートフォンが拡大すればするほどキャリアのビジネスは縮小し、電波を流すだけの土管屋にならざるを得なくなる。

広告
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする