iPhone国内発売

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
広告336

iPhoneの国内発売は第2世代iPhoneから

初代iPhoneは、2007年6月に米国で発売された。しかし、初代iPhoneは欧米で主流となっていたGSM方式であったことから、日本国内では発売されなかった。国内発売されたのはiPhone 3Gが最初であり、2008年7月にソフトバンクから発売された。 

harajyuku

iPhone国内発売でソフトバンク前に出来た行列

NTTドコモとの争奪戦で勝利したソフトバンク

iPhone 3Gの通信方式は、国内ではNTTドコモとソフトバンクが採用しているW-CDMA方式であった。したがって、NTTドコモとソフトバンクの間でiPhoneの争奪戦が繰り広げられたが、最終的にはソフトバンクが販売権獲得に成功した。KDDIはCDMA 1X EVDO方式を採用していることから、iPhone争奪戦には入り込めなかった。尚、CDMAに対応したiPhoneは2010年2月に米国でベライゾン・ワイヤレス~発売され、同じ年の10月に発売されたiPhone 4Sからソフトバンクに加えてKDDI殻も発売されることになった。

国内では期待したほどの販売実績ではなかった

iPhone 3Gが発売された2008年7月11日、表参道にあるソフトバンクの旗艦店には長い行列ができ、上々のスタートを切った。しかし、その後は不調が伝えられ、実際に2008年12月までの累計販売台数は60万台程度でしかなかったとされている。同期間の世界累計販売台数は1,000万台を超えており、日本での不調が目だっていた。

広告
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする