iOS向けのSDカードリーダーは写真を読み込むだけ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iOS機器にはSDカードスロットが搭載されていないが、Apple純正のSDカードリーダーが発売されている。但し、文字通り『リーダー』であってSDカード内のデータをiOS機器に読み込むだけであり、iOS機器内のデータをSDカードに保存することはできない。また、扱えるデータは写真や動画に限られており、製品名には『Lightning – SDカードカメラリーダー』とわざわざ”カメラ”という言葉が入っている。iOS機器にSDカードスロットが無い理由は、以前に以下のような記事を書いている。

広告
広告336

デジカメで撮った写真をiOS機器に保存したい場合を除いて、iOS機器にSDカードリーダーを接続する必然性は無い

sd-card

SDカードスロット

iOS 9.2でLightningコネクタ経由のiPhone対応が実現

『Lightning – SDカードカメラリーダー』は、iOS機器とはLightningコネクタで接続される。iOS機器はSDカードスロットを搭載していないだけでなく、Android端末では当たり前のUSBポートもついていない。外部との接続は全てApple独自のLightningコネクタに限定しており、ここでデータのやり取りをAppleが管理している。その最大の理由はセキュリティの確保にあり、特定のファイルの通過だけを認めることでウィルスやマルウェアの進入を防いでいる。特にiPhoneの場合は厳しくなっており、純正のSDカードリーダーでiPhoneに対応した製品の発売はつい先日のことであった。それまではiPad向けの『Apple iPad Camera Connection Kit』しか用意されておらず、それをiPhoneにつけても認識されなかった。サードパーティのSDカードリーダーの中にはiPhoneでも使える製品があるが、いずれもWi-Fiを利用するものでLightningコネクタを通すものではない。但し、先日のiOS 9.2のリリースでLightningコネクタ経由のiPhone対応が実現したことから、今後はサードパーティからの同種製品の発売が行われるであろう。

Wi-Fi経由では双方向のデータ保存が可能

Wi-Fiを利用するSDカードリーダーはSD⇒iOSだけでなく、逆のiOS⇒SDにも対応している。LightningコネクタはSD⇒iOSの一方通行しか認められていないが、Wi-Fi経由では双方向・・・つまりSDカードへの保存も可能となっている。AppleはiOS機器内のデータの保存先としてオンラインストレージのiCloudを用意しており、Wi-Fi経由では双方向のやり取りが可能であるのは至極当然のことである。また、Appleが認めないアプリの進入はOSレベルで防止されており、インターネット上でデータのやり取りを行っても問題が起こらないようになっている。iPhoneはコミュニケーションツールであることから、写真や動画の保存をオンラインストレージにするのは利にかなっている。iCloud上のサービスであるiCloud Photo Libraryは、iOS機器で撮影した写真や動画が自動的に保存・同期され、iOS機器で何時でも何処でもアクセス可能になる。デジカメで撮影した写真をiOS機器に入れる場合は別として、それ以外にSDカードリーダーを利用する必然性は感じられない・・・というのが正直な感想である。

広告
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする