フレッツ光はプロバイダー乗り換えて料金を減額

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NTTは家庭用光ファイバー回線の卸売を開始し、従来のフレッツ光の事業を光コラボレーションモデルに転換させた。従来はNTTの代理店がフレッツ光の販売を行っていたが、事業の主体はNTT東西であった。今後は事業の主体は個々のコラボレーション企業となり、NTT東西はフレッツ光回線を貸し出すだけとなる。代表的なコラボ企業であるドコモを例にとると、ドコモはフレッツ光とISP事業者を組み合わせたドコモ光というサービスを提供し、これまでできなかった携帯と固定のセット割を可能とした。

広告
広告336

従来のフレッツ光ユーザーは光コラボの『転用』が選択肢として増えるが、以前からあるプロバイダーの乗換えという方法もある

flet's-hikari

フレッツ光から光コラボへ

光コラボの実施でフレッツ光でのキャッシュバックが大きく減額された

これまではフレッツ光の料金はISP代を除いて全額がNTT東西に入ってきた。それが代理店への手数料やキャッシュバックの原資であったことから、5万円程度のキャッシュバックはザラに行われていた。しかし、NTT東西に入るのは回線使用料のみとなり、その分キャッシュバックに回せる原資が減ることになる。事実、私が2年前に5万円(商品券)のキャッシュバックを受けたビックカメラの場合、光コラボ開始以降は3万円に減額されている。但し、加入オプションの指定もあり、実質的には2万円以下のキャッシュバックとなっている。光コラボの開始により、大きな影響を受けたのはキャッシュバックの金額であったことは間違いない。

フレッツ光のままでコラボ企業を変更する『転用』が可能となる

上記の例はフレッツ光の新規、及びauひかりなどからの乗り換えの場合だが、光コラボになって従来のフレッツ光ユーザーの選択肢が広がった。コラボ企業によって提供するサービスは異なるサービスとなり、コラボ企業の乗換えが可能となったのである。つまり、従来通りNTT東西のフレッツ光回線を使用したまま、コラボ企業を任意に選ぶことができるようになったのだ。NTT東には『2年割』という減額サービスがあるが、2年毎の更新月でなくても違約金は発生しない。コラボ企業には大手ISPや格安SIMのMVNO事業者が参入しており、様々な料金プランを用意している。自分にとって利用し甲斐のあるサービスを選び、好きな時に『転用』すれば良い。新たにフレッツ光を契約するのを『新規』と呼ぶのに対し、フレッツ光のままでコラボ企業を替えることを『転用』と呼んでいる。従来はなかった『転用』が、光コラボの開始と共に新たな選択肢として加わったことになる。

『転用』でもキャッシュバックしているコラボ企業がある

ところで『転用』の場合、キャッシュバックはあるのだろうか。Googleで検索すると、下記の2例がみつかった。

  • So-net光 新規:20,000円 転用:15,000円(従来からのユーザーは1,000円)
  • OCN光 新規:10,000円 転用:7,000円(従来からのユーザーは1,000円)

前述の通り、『新規』の場合は高いSo-netでも2万円でしかない。他のISPからの『転用』の場合、コラボ企業にとっては『新規』と同じであり、そこそこの金額となっている。従来からのユーザーは気持ちだけ・・・ということでどちらも千円のキャッシュバックである。契約増ということにはならず、キャッシュバックの原資が無いと云うことだろう。

従来のサービスのままでプロバイダーだけを乗り換えることも可能

ここまで書いてきて、また新たな選択肢が見つかった。従来のフレッツ光のサービスのまま、プロバイダーだけを乗り換えることができるらしい。光コラボの場合の『転用』と紛らわしいが、こちらは新しいサービスではなくて従来からあるものらしい。ASAHIネットというプロバイダーのサイトで知ったのだが、プロバイダーの契約だけを変更するというもの。HPから手続きをすると1週間程度で登録用情報が送られてくるくることから、自分で使用中のルーターを設定するだけで開通するとのこと。その後、現在のプロバイダーを解約することになる。ASAHIネットのHPには『8月末まで限定!』という表示と共に紹介されており、ホームコースは12カ月、マンションコースは6カ月が無料となる。現在、私はOCNをプロバイダーとして利用しているが、月額は900円である。ASAHIネットはマンションコースが550円であり、月350円は今より安くなる。

広告
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする