【閑話休題】Bフレッツをauひかりに戻すことにした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2年前の8月、5万円のキャッシュバック欲しさにauひかりからNTTのBフレッツに契約変更した。キャッシュバックをしていたのはビックカメラであり、契約させられたのは『OCN 光 with フレッツ』であった。それが今年の8月で2年間の縛りが終了する。Bフレッツをそのまま継続してドコモが開始する『セット割』を利用することも考えたが、ガラケーをスマホに替えないと『セット割』は適用されないようなので検討対象から外した。

広告
広告336

KDDIの公認プロバイダー7社の中からAsahiNetと@nifty、それにSo-netと加えた3社を切り替え先候補に決めた

hikari

光ファイバーケーブル

まず現在のNTTの月額料金を確認する

現在の契約は『OCN 光 with フレッツ』なのだが、この内容を再確認してみた。NTT東の『にねん割』とOCNの『OCN2年割』の2本立てとなっており、NTT東の割引額が100円(税抜き)/月、OCNが50円(税抜き)/月となっている。我が家はマンション・プラン2ということで、通常の3,650円3,800円(税抜き)/月が150円割り引かれて3,500円3,650円になる。5万円のキャッシュバックにばかり気をとられていたが、月次費用の割引はかなり低いものであったことに初めて気が付いた。それでもKDDIの時より毎月2~300円安かったから良いとしよう。

注1:この項の金額は全て税抜き価格

注2:書き終わって気が付いたが、NTTの場合は工事費相当分の15,000円24,000円が割引になっている。月額にすると625円1,000円であり、上記の割引と合わせると775円となる。

注3:いつの間にかBフレッツのマンションプランは、フレッツ光ネクストに変更になっていた。上記の工事費を確認している時に判明した。

NTTグループカードの毎月200円キャッシュバックは2年で終了

待てよ、これとは別に月200円の割引があったはずだ。確か同時にNTTグループカードに入会し、NTTとドコモの支払いを一本化したことで毎月200円の割引があった。このカードでショッピングすればその金額に応じて割引額は増えるのだが、ショッピングに使ったことは一度もない。NTTグループカードのチラシを見ると、『毎月200円自動でキャッシュバック』とある。同時に『2年間』という表示があり、これは2年で自動的に終了するとのこと。KDDIに戻ることで月額費用がどれだけ安くなるのかは分からないが、NTTに残る必然性は無いということが明らかになった。

AsahiNetが最安の月額1,600円

さて、本題に戻るとしよう。KDDIのサイトを見ると、auひかりの公認プロバイダー(?)はKDDIのau one netを含めて@niftyと@TCOM、AsahiNet、BIGLOBE、DTI、So-netの7社がある。適当に7社のサイトを覗いてみると、AsahiNetが7社中の5社の月額料金を比較していた。AsahiNetは月額1,600円となっており、@niftyの2,100円、au one netとBIGLOBEの2,550円、So-netの3,800円より確かに格安である。早速AsahiNetのサイトを見ると・・・・・・チョットおかしい。『ネットサービス』は確かに1,600円となっているが、初期費用として登録料の800円と設置工事費の1,250円×24回が計上されている。月額は1,600円に工事費の1,250円を足す必要がある。別のプロバイダーの料金には工事費は含まれていないのだろうか、これはちゃんと調べる必要がある。

全てが工事費を徴収しているものとして計算

KDDIの集合住宅向けの料金体系は、集合住宅のタイプによって異なっている。我が家が入るマンションはauひかりが開通済みであり、KDDIのサイトで調べると『v16タイプ』と出てきた。月額1,600円のモデルが『v16タイプ』であることから、月額1,600がそのまま当てはまる。KDDIの公認プロバイダー7社について『v16タイプ』の月額費用を調べてみた。工事費については徴収しないところもあったが、全て徴収するものとしてキャンペーン価格で調整した。そうすると、上記のAsahiNetでの金額が合致する。但し、So-netの場合は、現時点でのキャンペーン価格は3,800円ではなく2,550円であった。

auひかりマンションタイプv16月額料金比較
キャンペーン価格 設置工事費 月額合計 2年後月額 キャッシュバック
au one net 2,550 1,250 3,800 3,800 最大5万円
AsahiNet 1,600 1,250 2,850 3,800 -
@nifty 2,100 1,250 3,350 3,800 iPadレンタル割引
@TCOM 2,550 1,250 3,800 3,800 -
BIGLOBE 2,550 1,250 3,800 3,800 最大3万円
DTI 2,150 1,250 3,400 3,800 5千円
So-net 2,300 1,250 3,550 3,800 最大4万円

注:この項の金額は全て税抜き価格

月額を高めに設定しているプロバイダーはキャッシュバックで還元

上記の料金はプロバイダーのサイトで調べたものだが、中にはキャッシュバックのキャンペーンを行っているところがあった。月額料金を低く抑えているプロバイダーはキャッシュバックを実施しないか金額を低くしており、月額料金が高目のところはキャッシュバックで集客するという構図になっている。現在、NTT東の料金は3,500円(税抜き)であり、それより安いのはAsahiNetと@niftyしかない。現在より高い支払いとするのは本末転倒であり、AsahiNetと@niftyに現在とほぼ同じとなるSo-netを加えた3社を候補に検討することとした。DTIはauひかりの契約獲得に積極性が見られず、検討対象から外した。

広告
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする