何故iPhoneやiPadにSDカードスロットが無いのか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AppleのiPhoneやiPadなどのiOS機器はSDカードスロットを搭載していない。購入した端末の内蔵メモリーでは不足する場合、Android端末では普通についているSDカードスロットが何故付いていないのだろうと思うユーザーは多いと思われる。iPadには「Apple iPad Camera Connection Kit」というSDカードリーダーがオプションで用意されているが、名前の通りデジタルカメラの写真の取り込み専用となっている。また、それをiPhoneに接続しても認識されず、iPhoneにはソフトウエアレベルでSDカードの利用を遮断する仕組みが組み込まれている。何故そこまでSDカードとの距離をとろうとしているのか?・・・・もっともらしい理由が幾つかネット上で語られているが、真の理由はアプリの導入口をApp Store一つに絞り込むことにある。

広告
広告336

 クラウドをデジタルハブとするAppleの戦略

camera-connection-kit

Apple iPad Camera Connection Kit

SDカードスロットを搭載しないことでアプリのインストールを遮断

SDカードスロットを搭載しない理由として挙げられたもので面白いと思ったのは、外部メモリーを使わせなくすることでより大容量(かつより高額な)の上位機種を買わせるためだ・・・・・・というものであった。Appleは自らが儲けるためにユーザーに不便を押し付けているという趣旨であり、Appleの商売のやり方に不満を感じる人たちが主に主張している。しかし、SDカードスロットを搭載しないのは手段ではなく、それ自身が目的であることは間違いない。そのことによるユーザーのデメリットを解消するために、Appleは容量別のラインナップを行っているのである。AppleはSDカードスロットだけでなく、USBメモリーなどを挿入するUSBポートも用意していない。SDカードスロットやUSBポートを搭載したとすると、そこを通るデータはそれぞれの規格団体が定めた基準に従わなければならない。外部メモリーを直接接続できなくすることにより、Appleは自らが認めていないアプリがiOS機器にインストールされるのを防止しているのである。iOS機器向けのアプリは、AppleはApp Store以外からのインストールを一切認めていない(一部例外あり)。

外部機器との接続をLitning端子に絞ることでコントロール

「Apple iPad Camera Connection Kit」は、SDカードスロットとUSBポートを搭載したデバイスをiPadのLightning端子に接続して使用する(上の画像参照のこと)。AppleはiOS機器と外部機器との接続には独自のコネクタを用意しており、2012年のiPhone 5からは従来のDockコネクタを小型化したLightning端子を搭載している。独自のDockコネクタやLightning端子を経由させることにより、Appleはそこを通過するデータをソフトウェアでコントロールしている。「Apple iPad Camera Connection Kit」はデジカメで撮影した写真をiPadにコピーするために提供されており、それ以外のデータの場合は認識されないことが多い。また、iPhoneのLightning端子に接続することは物理的には可能だが、iPhoneは接続されたことを認識しない。外部機器との接続を全てLitning端子を経由させることにより、Appleはそこを通るデータをコントロールしているのである。

2013年、AppleのApp Storeからの収益は3千億円

AppleはiPhone 3G発売前の2008年3月、iPhone向けのアプリ開発キット(SDK)を公開した。そして7月のiPhone 3G発売と同時にアプリをダウンロードできるApp Storeを開設し、アプリの登録を全てのアプリ開発者に公開した。ユーザーはApp Storeに登録された膨大なアプリの中からお気に入りのアプリを自由にダウンロードでき、アプリ開発者はダウンロードされたアプリの代金からその70%を得ることができる。残りの30%はAppleの収入となり、Appleはアプリ開発者とユーザーの橋渡しをすることで自らも収益を得る新たなビジネスモデルを構築した。Appleによると、2013年1年間のApp Storeの売上は100億ドルを突破しており、これは日本円で約1兆円という莫大な金額となる。iOS向けのアプリのダウンロードをApp Store限定とすることにより、Appleは13年の1年だけで3千億円の収益を上げたことになる。

クラウドをデジタルハブとする新しいデジタルライフの提案

Appleの現在の繁栄は、2001年1月にSteve Jobsが提唱した「デジタルハブ構想」がスタートラインとなっている。当初はデジタルハブの中心にはMacが位置していたが、直ぐにWindows PCが加わり、2011年10月にはiTunes in the Cloudでクラウドを中心に据え置く大転換を行った。「クラウドをデジタルハブとする新しいデジタルライフの提案」は、今後もAppleが追求し続ける最大のテーマであることは間違いない。

広告
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする