Honeycombでタブレット端末に対応

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Androidの開発コードネームは、1.5からアルファベットのCから順に菓子の名前が付けられている。Ver.3台に付けられたHanycomb(ハニカム)は蜂の巣を意味しており、スマートフォンではなくタブレット端末用のOSであった。Ver.2台はスマートフォン向けとして開発を同時進行させ、Ver.4で両者を統合することとした。

Honeycomb

お菓子の名前がつけられたAndroidの開発コードネーム

広告
広告336

Androidの開発コードネーム

Androidの開発コードネーム
バージョン コードネーム リリース
1.0 非公開 2008.09.23
1.1 非公開 2009.02.09
1.5 Cupcake 2009.04.30
1.6 Donut 2009.09.15
2.0 Eclair 2009.10.26
2.1 2010.01.12
2.2 Frozen Yogurt 2010.06.23
2.3 Gingerbread 2010.10.17
3.0 Honycomb 2011.02.24
3.1 2011.05.10
3.2 2011.0920
4.0 Ice Cream Sandwich 2011.11.14

Androidのタブレット端末対応は2011年2月

Honycombが登場したのは2011年2月であり、AppleのiPadが登場して10カ月が経過していた。それまで他のメーカーは何もしていなかった訳ではなく、タブレット端末を早く投入することに知恵を絞った。各社がとった方法は、

  1. 通常のパソコン向けのOSであるWindows 7を搭載
  2. ディスプレイをiPodより小さいサイズにしてスマートフォン用のAndroidを搭載

というのが代表的なものであった。1を採用したのは、海外ではHPやASUS、日本ではオンキヨーなど。2を採用したのは海外ではSamsung、国内ではシャープやNECなど。しかし、これらはいずれもAppleの快進撃を抑えることはできなかった。

広告
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする