iPhone 7はBlutoothイヤホンが付属するらしい!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎年9月始めはiPhoneの新製品が発表されるのが恒例となっているが、今年は9月7日に開催されるとのこと。関係者に下のデザインの招待状が届けられている。今回発表されるiPhone 7がどのような製品になるのか相変わらずネット上が騒がしいが、製品名が『iPhone 7』となることだけはほぼ誰もが一致しているようだ。招待状には『See you on the 7th.』と記されており、『iPhone 7』を想起できるようになっている。

広告
広告336

iPhone 7に搭載される『生きていく上で必要不可欠になる機能』とは何か??

apple-event

See you on the 7th.

有機ELを搭載する前にAppleがやろうとしていることは!?

昨年末、AppleがiPhoneに有機ELディスプレイを搭載するという計画が浮かび上がった。しかし、現在スマホ用の有機ELディスプレイを製品化しているのはSamsungのみであり、その実現は2017年以降になることは確実である。従って、今年は『iPhone 7』では無く、『iPhone 6 ○○』というようにiPhone 6シリーズとして発売されるという予測が広がっていた。iPhoneの販売台数に陰りがでてきたことは事実だが、その打開策として昨年末に有機ELディスプレイを考え付いたはずは無い。今年発売するiPhoneはiPhoneで、それなりの新機能を以前から用意していたのは確実である。それが何なのか・・・・私はイヤホンジャックの廃止だと考えている。

イヤホンジャック廃止したら高機能化が必須となる

イヤホンジャックの廃止が新機能・・・・と書くと違和感があるかもしれない。しかし、イヤホンジャックを廃止した場合、iPhoneの音楽を聴く方法は2種類に限られることになる。その2種類とは、

  1. Lightning端子からデジタルで取り出す
  2. Bluetoothでアナログ音声をワイヤレス出力する

である。Lightning端子からはデジタル出力のみが行われており、アナログ出力はされていない。従って、Lightning端子につながるイヤホンはそれだけでは音を聴くことができない。DACを介在させる必要があり、付属品としては高価なものになってしまうデメリットがある。この問題については以前に記事にしているので一読していただきたい。

本当にiPhone 7からイヤホンジャックがなくなるのか?
昨年末から次期iPhoneからイヤホンジャックがなくなるという噂が流れている。iPhoneをより薄型にするには、確かにイヤホンジャックは邪魔...

純正Bluetoothイヤホンが登場!?

前出の記事は、

iPhoneからイヤホンジャック廃止⇒Lightning端子から出力⇒デジタル出力⇒DACが必要

という流れででてきたものだが、2番目のBluetoothを利用する方が手っ取り早いことに気が付いた。Bluetooth対応のイヤホンや通話もできるヘッドセットは既に多くの製品が発売されており、Apple純正のものを付属品にするだけである。Blutoothのイヤホン/ヘッドフォンは有線タイプのものより音質が劣るとされているが、サードパーティの高価格製品では音質的に高評価されているもののあり、それこそBeats買収効果を発揮する場面となる。

Bluetooth対応純正ヘッドセットも!?

また、純正のヘッドセットを用意するかもしれないが、この場合はティム・クックCEOが示唆した『ユーザーは今はまだ必要ではないと思っているが、これから生きていく上で必要不可欠になる機能』と呼べるかもしれない。現在でも大型化したスマホを耳に当てて使用するのを嫌うユーザーもいることから、洗練されたデザインで高機能なものであれば歓迎されることは間違いない。いずれにせよ、イヤホンジャックの廃止という問題はパーツの変更レベルに留まらず、機能面での大きな変革に行き着くことになる。仮に今回の予測が当たっていたとすると、AppleはiPhone 6/Plusの発売を決めた段階でBluetoothイヤホン導入を視野においていたのであろう。

広告
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする