1)CONNECT

広告
広告respo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当初はSMEが配信事業を推進

黎明期の米音楽配信とSME

世界で初めて合法的な音楽配信をスタートさせたのは、日本のSMEであった。また、米国発の音楽配信も、米Sonyの子会社である米SMEが2000年4月にスタートさせていた。当時はSonyとMicrosoft葉提携しており、圧縮方式にSony独自のATRAC方式、配信システムにはMicrosoftのWindows Media Technologies(WMT)を採用していた。その後、その配信プラットフォームはSMEとUMGの親会社であるVivendi Universalの合弁で作られたpressplayに引き継がれ、黎明期の米国の音楽配信をリードすることとなった。

Appleの大躍進

pressplayやそれと対抗したMusicNetは、メジャーレーベルが音楽配信の流通を支配下に置こうという試みであった。しかし、メジャーレーベルとその親会社が作った音楽配信サービスは、音楽の利用に厳しい制限を設けたものであったことから、ユーザーから支持されることはなかった。つまり、ユーザー数を大きく増やすことができなかったのである。メジャーレーベルの試みは失敗に帰し、2003年には全てのメジャーレーベルが音楽配信事業から撤退していった。その直後に登場したAppleのiTunes Music Storeは、それまでのpressplayやMusicNetからは考えられないようなダウンロード実績を残したのである。

米SonyがCONNECTサービス展開

connect

Sonyが日本以外で展開したCONNECT

2004年5月、米SonyはWALKMAN向けの音楽配信サービスCONNECTを米国で開始した。日本ではレーベルゲートが前の月の4月にミュージックストア型のmoraにリニューアルしていたが、そこで使われた配信プラットフォームがCONNECTにも採用されている。ARTAC形式とSony独自のDRMを採用したもので、パソコンにダウンロードした楽曲はWALKMANに転送して聴くことができる。

Sony BMGとなって4大メジャー体制に

CONNECTサービスを開始した2004年の8月、5大メジャーの一つであったBMGとSMEが統合してSony BMGが設立された。5大メジャーは音楽配信を巡って主導権争いを行なってきたが、音楽事業から撤退した後は本業の分野で主導権争いを行なっていた。それがSMEとBMGの統合という形で具体化され、5大メジャーから4大メジャーの体制に転換することとなった。

Sony BMGの社内抗争

二つのメジャーレーベルが合体して作られたSony BMGであるが、合体後は社内での主導権争いが続いたと伝えられている。SMEの母体は米3大テレビ局傘下のCBSレコードであり、BMGの母体は3大テレビ局のNBCを傘下にもつコングロマリッドRCAのレコード部門であるRCAレコードであった。SBSレコードとRCAレコードは、1960年代以前は米国市場を2分するライバルであった。また、どちらか一方が他方を吸収してできたのではなく、対等に合併してできたものであった。もともとライバル関係にあった企業が対等に合併したことから、社内の派閥争いが起こるのは火を見るよりも明らかなことであった。

CONNECT Player

AppleのiTMSは、iPodに最適化されたサービスとなっている。それを可能にしているのがソフトウェアiTunesであることは間違いない。しかし、SonyのWALKMANは音楽プレーヤーとしての機能は重視していたが、ソフトウェアが重要性を持つデジタル機器という面を重視する姿勢に欠けていた。WALKMANへの転送ソフトは、それまではSonyのハードに添付されていたSonicStageが使用されていた。
SonyはSonicStageに代わるソフトウェアとしてCONNECT Playerを開発、2005年11月にリリースした。しかし、CONNECT Player出来は非常に悪く、リリース直後からバグの修正に明け暮れることとなった。結局、2006年4月にCONNECT Playerの開発を断念し、当初はCONNECT Playerに切り替わる予定であったSonicStageをベースにして再開発することとなった。2006年5月にリリースされたSonicStage CPは、CONNECT Playerを略したCPがSonicStageに付加されている。

戦略の大転換・・・ATRACを捨ててWMPに

米Sonyは2007年8月、米国で発売したWALKMANからATRAC形式を捨て、DRMはMicrosoftのWM DRMとする大転換を行なった。また、今後はWM DRM対応した他社提供の音楽配信サービスを利用することとし、CONNECTのサービスを2008年3月に終了することを発表した。CONNECTは世界12カ国にまで広げていたが、Sony独自のATRAC形式に対応した音楽配信は、日本で提供されていたmoraのみとなった。Sonyの音楽配信も、ガラケー音楽配信の仲間入りをすることとなったのである。

sony-a810

WM DRM対応のSony A810

⇒Amazon MP3他

広告
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする