1)KDDIのLISMO

広告
広告respo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

au LISTEN MOBILE SERVIS

LISMO LOGO

LISMOのLogo

KDDIは2006年1月、携帯電話でしか利用できなかった着うたをパソコンでも利用できるようにするau LISTEN MOBILE SERVIS(LISMO:リスモ)の提供を開始した。また、2006年5月には着うたをパソコンにダウンロードするサービスであるLISMO Music Storeを開設した。

着うたフルをパソコンでも利用

着うたフルは楽曲をダウンロードした携帯電話端末ですぐに聴くことができる便利なサービスであるが、その端末でしか聴くことができないという問題があった。メモリーカードに保存することは可能であったが、それをパソコンで利用することはできなかった。ダウンロード楽曲が増えてくると、楽曲の管理などは他の携帯デジタルプレーヤー、特にiPodと比べると使い勝手がかなり劣っていた。そこでKDDIが打ち出してきたのが、携帯電話とパソコンを連携させた新しい音楽サービスau LISTEN MOBILE SERVICE(LISMO)である。携帯電話とパソコンソフトを組み合わせて楽曲の共有・購入ができるほか、ユーザー間のコミュニケーション機能などを提供している。対応端末の発売に合わせて、2006年1月下旬から提供開始した。

パソコンで着うたフルをダウンロード

LISMOは携帯電話でダウンロードした楽曲をパソコンで利用できるようにしたサービスだが、逆にパソコンで着うたをダウンロード、それを携帯電話で利用するLISMO Music Storeを2006年5月に開始した。
LISMO Music StoreはKDDIの携帯電話端末に同梱されているパソコン用音楽管理ソフトau Music Portから利用できるサービスで、パソコンで着うたフルの検索、ダウンロード購入ができるほか、購入した着うたフルはパソコンでも携帯電話端末でも保存、再生ができる。支払は「まとめてau支払」することが可能で、携帯電話端末をパソコンに接続して手続きする。
2006年12月からは、着うたフルにビデオクリップが追加された。EZwebの公式サイトでは2007年2月時点で約40万曲が配信されていたが、LISMO Music Storeでは約4万曲となっていた。

同じ着うたフルでも配信契約は別々

EZweb上で提供されている着うたフルと、インターネット上でパソコン向けにダウンロードするサービスは別個の契約となっている。したがって、公式サイトで配信している楽曲をそのままLISMO Music Storeに持っていくことはできず、KDDIはエキサイトと提携して既存のサービスであるExicite Music Storeの楽曲を利用することとした。
Exicite Music Storeはmoraの1カ月後にサービス開始したミュージックストア型の老舗サービスであり、BIGLOBEやODNにもサービスを供給していた。しかし、LISMO Music Store開設した翌年、2007年9月にはLISMO Music Stote以外のサービスを停止した。

Sonyと提携してmora for LISMO

LISMO Music Storeはパソコンを使用してダウンロードするサービスでありながら、着うたフルと同一形式の楽曲であるところに問題があった。そこでKDDIは、LISMO Music Storeのマイナス部分をSonyと提携することで解消しようとした。

KDDIとSonyの相互乗り入れ

KDDIの携帯電話とSonyのWALKMANを連携させ、KDDIの着うたフルがどちらでも聴けるようにしたほか、レーベルゲートと提携してmoraからパソコンにダウンロード、それをKDDIの携帯電話に転送できるようにした。つまり、KDDIにとっては着うたフル対応端末をSonyのWALKMANにまで広げることになり、SonyにとってはKDDIの携帯電話端末をWALKMANにすることになる。
対応携帯電話は2008年2月に発売、同時にレーベルゲートがmora for LISMOのサービスを開始した。これ以降、KDDIはLISMO Music Storeとmora for LISMOの二つのパソコン向け音楽配信を提供することとなった。

現在はmora for LISMOに一本化

KDDIは2011年12月、2006 年5月に開始したLISMO Music Storeのサービスを停止し、パソコン向けの音楽配信サービスをmora for LISMOに一本化した。この間、フィーチャーフォン(従来型携帯電話)からスマートフォンへの移行が進む中、着うた設定機能のニーズが減少しており、配信楽曲数が多いmora for LISMOに集中することを選択したものであった。
また、moraは2012年10月1日にDRMフリーの音楽配信に大きくリニューアルした。それに伴い、KDDIが提供していた音楽管理ソフトLISMO Port上で提供されていたmora for LISMOもリニューアルされ、KDDIへの支払いと合算できた「まとめてau支払い」が利用できなくなった。

⇒日本版Napstar

広告
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする