【閑話休題】陥没した博多駅前の道路脇のビルで仕事してた!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8日の早朝、博多駅前の道路が大きく陥没し、その様子がテレビで放映されている。どこか見た事のある景色に思え、夕刊を見ると間違いなかった。昔・・・と言っても丁度20年前になるが、私が仕事をしていたビルの真下が陥没していた。

広告
広告336

駅方向の左側にポプラの看板が見えたのでひょっとしたら・・・と思ったらやっぱりそうだった

朝、TVで見ていたときは道路の中央は陥没しておらず、その両側に大きな穴が二つあった。しかし、その後大きく広がって一つの穴になったようだ。私が仕事をしていたのは、下の写真の右端・・・そう、辛うじて玄関部分が持ちこたえているビルの6階であった。1階はアパマンショップが入っているらしい。歩道は完全に落ち込んでいる。

hakata-ekimae

陥没した博多駅前の道路

このビルは博多駅前通りにある博多駅前2丁目の交差点にある。今はタカキビルという名前らしいが、当時は高木ビルと表示していた。博多駅地下街から西日本シティ銀行の向かい側の出口から地上に出て、そのまま博多駅を背にしてキャナルシティ方向に向かって2~3分歩けば着く。右手にあるデュークスホテルは、私が博多に赴任している間にできたホテル。近いので本社から福岡に出張できた人は殆どこのホテルを利用していた。博多駅前通りは博多駅正面の大通りだが、交通量はあまり多くは無い。キャナルシティに行く道になるが、在職中はよく中州まで歩くことが多かった。急ぎの仕事ではない場合、中州を経由して天神まで歩くこともあった。単身赴任の住まいは博多駅をはさんだ博多駅南にあり、片道20分ほどかかるが徒歩通勤であった。本社から転勤したのが1996年3月、1997年に大阪に転勤するまでの1年3カ月通ったのが高木ビルの福岡営業所であった。いや・・・懐かしい。

広告
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする