ヒューマン・キュレーションで他と差別化するApple Music

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Apple MusicとSpotifyの差別化要因について聞かれたTim Cook CEOは、『ヒューマン・キュレーション』と答えている。キュレーションとは最近のはやり言葉で、『案内役』や『世話役』という意味を持つラテン語を語源としている。もともと人がキュレーションしていることから、わざわざ『ヒューマン』と入れる必要はない。しかし、最近はコンピューターが機械的に行うキュレーション・サービスがはやっており、それらと区別するために『ヒューマン・キュレーション』と表現したのだろう。

広告
広告336

iTunes Matchで確実なユーザー情報を獲得し、Beats Musicで得た音楽業界の人脈を使ってヒューマン・キュレーションを展開

iphone-beats-music

iPhone & Beats Music

Appleが欲しかったのはJimmy IovineとDr.Dre、そして2人に繋がる音楽界の人脈

最近のキュレーション・サービスは、コンピューターがユーザーの好みを分析し、その結果に基づいてユーザーにキュレーションを行っている。そこではコンピューターの処理手順=アルゴリズムがかかわっているのだが、Apple Musicでは生身の人間がかかわっていることになる。Appleは2014年にBeats MusicをBeats Electronicsと共に30億ドルで買収したが、Beats Musicはヒューマン・キュレーションを重視した音楽聴き放題サービスであった。Appleは音楽配信サービスiTunes Storeの建て直しのためにBeats Musicを買収したとされていたが、実際には経営陣のJimmy IovineとDr.Dre、そして2人に繋がる音楽界の人脈を手に入れたかったのだろう。

しょゆうしている音楽に集約されるキュレーション

Apple Musicはサービス開始後3カ月と4週間経過しており、初期に会員登録したユーザーの無料トライアル期間は既に終了している。無料トライアルに挑戦した人たちのレポートがインターネット上に結構アップされており、その中に気になる記事があったのでここで紹介する。その記事は『Apple Music、3カ月使って分かったイイとこワルイとこ』というタイトルで、文字通り、Apple Musicの利点とデメリットを具体的に挙げて論評している。その中で気になったのは、筆者の友人の件であった。筆者の友人がApple Musicと同時期に始まった聴き放題サービスに会員登録したのだが、3カ月の無料トライアル期間終了と共に退会したとのこと。その理由としてその友人が挙げたのは、『3カ月間聴いているうちに、よく聴く音楽が既にレコードやCDで所有しているもの中心になった』というものであった。これはサーキュレーションサービスではある意味当たり前のことであり、友人が利用していたサービス(AWAであることは間違いない)は正常にサーキュレーションしたことを意味している。

iTunes Matchでユーザー所有の楽曲をクラウド上に保存

音楽のキュレーションを行う場合、ユーザーが所有している楽曲の情報はかなり重要なものとなる。また、ユーザー独自のプレイリストをキュレーションする場合、ユーザー所有の楽曲にちりばめ方も自在にできる。聴き放題サービスの最大の利点は、ユーザーと未知の音楽とを結びつけるところにある。従って、所有している楽曲ばかりになるのでは毎月金を払う意味はない。Apple MusicにはiTunes Matchという機能が組み込まれており、会員登録した時点でパソコン内に所有している楽曲がクラウド上に保存されることになる。ここでApple Musicはユーザー所有の楽曲情報を取得することになり、このユーザーに対する正確なフォローを確実なものとする。・・・・・・尚、iTunes Matchはユーザー所有のデータそのものをクラウド上に保存するわけではなく、実際にはiTunes Storeの楽曲へのリックが貼られるだけとなる。

ヒューマン・キュレーションとiTunes Matchで最強のサービスを実現?

iTunes MatchでApple Musicが得られるものは、ユーザーが所有している楽曲の情報だけではない。Apple Musicに無い楽曲をユーザーが所有していた場合、その楽曲はあたかもApple 内の楽曲のようにして聴き放題の対象となる。ソニーミュージックは日本のApple Musicに楽曲提供しなかったが、ユーザーが所有していればそれを利用することで致命的な問題は回避可能であった。ソニーミュージックは現在は楽曲提供に応じているが、応じていなかったとしても自社の曲がApple Musicで流れることを阻止することはできなかったのだ。いずれにせよApple Musicは、ヒューマン・キュレーションとiTunes Matchを組み合わせたことで最強の聞き放題サービスとなるだろう。

広告
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする