Apple MusicとGoogle Play Musicのサービスの違い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Apple Musicに続いてGoogl Play Musicもスタートしたことから、先にサービスインしたLINE MUSIとAWAとの提供楽曲の比較が盛んに行われている。音楽サブスクリプションの最大のポイントは、提供楽曲数ではなくて提供アーティストや提供楽曲そのものにある。『Google Play Music / Apple Music / LINE MUSIC / AWAを比較!音楽配信数が多いのは?(携帯総合研究所)』によると、邦楽についてはGoogle Play Music/LINE MUSIC/AWAがApple Musicより多くのアーティスト/楽曲を揃えているとのこと。

広告
広告336

Apple MusicとGoogle Play Musicはユーザー所有の楽曲のアップロードに対応・・・Appleは自動アップロード、Googleは手動アップロードという違いがある

google-play-music

Google Play Music

4つのサービスの何処にも楽曲を提供していないアーティストが多い

上記のサイトによると、Apple Musicにはソニー・ミュージックと共にビクターも楽曲を提供していないとのこと。また、ビクターはAWAのみに楽曲提供しており、ソニー・ミュージック主導のLINE MUSICにも提供していないらしい。どうしてそうしたのかは良く分からない。昔からあまり独自の行動をしない会社だったのだが、ケンウッドに乗っ取られて東芝などの血が入ってきたのが理由なのだろうか。それはさておき、Apple Musicに楽曲提供していないアーティスト/楽曲の多さよりも、4つのサービスの何処にも提供していないアーティスト/楽曲の多さが気になるところだ。

Apple MusicとGoogle Play Musicは手持ちの楽曲のアップロードに対応

Apple Musicは他と比べて提供サーティスト/楽曲は少ないが、手持ちの楽曲をクラウド上に保存してくれる機能がある。Google Play Musicにも同じような機能があるが、LINE MUSICやAWAにはそれが無い。従って、Apple MusicやGoogle Play Musicの場合、お気に入りのアーティスト/楽曲がパソコン内にあればそれがクラウドにアップロードされて聴くことができる。また、持っていなければ、レンタルしてアップロードすれば良い。しかし、LINE MUSICやAWAの場合、お気に入りのアーティスト/楽曲が用意されていない場合は絶対に聴くことはできない。Apple MusicとGoogle Play Musicの優位点は、お気に入りのアーティスト/楽曲を含んだプレイリストの作成が可能なところにある。

Appleは自動アップロード、Google(日本版)は手動アップロード

Google Play MusicもApple Musicと同様の機能があると書いたが、実際には自動アップロードと手動アップロードという違いがある。Appleの場合はパソコン内の楽曲を自動的にクラウドにアップロードしてくれるが、日本のGoogle Play Musicでは自分でアップロードする必要がある。ここで『日本の』とつけたのは、欧米ではApple同様に自動的にアップロードしているが、日本ではそれが認められていないからである。日本の著作権法では音楽をサーバーにアップロードするする権利は著作隣接権者(多くの場合レーベル)に認められており、その許諾がなければサービス事業者はアップロードすることができない。Appleはその許諾を得ているから自動アップロードできるが、Googleはその許諾を得ていないからユーザー自らがアップロードしなければならないのだ。

手動のアップロードとすることでアップロード代を免除?

著作隣接権者の許諾とは、実際には楽曲使用料のことになる。Apple Musicでの楽曲使用料は、恐らく日本は欧米よりも割高となっているはずである。日本では楽曲をサーバーにアップロードする『送信可能化権』が明確に規定されているが、欧米、特に米国ではそれが明文化されているわけではない。従って日本の場合は欧米よりもレーベルが強い権利・・・つまりは高額な使用料を要求できる立場にあり、それが海外のサービスが日本上陸する場合のネックとなってきた。『送信可能化権』とは一般に音楽配信用サーバーにアップロードする行為をさすが、個人向けのクラウドストレージにアップロードする行為も含まれている。ユーザーが自らアップロードする場合は著作権法30条の個人的利用の例外とみなされるのだが、サービスの事業者が行う場合はレーベルの許諾が必要となる。従って、Googleはアップロードする行為を代行せず、ユーザーに行わすことで楽曲使用料の支払いを行っていな(と思われる)。

広告
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする