ハイレゾで花開くウォークマンNW-ZX1の世界

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日横浜西口のヨドバシカメラを覗いてみると、SonyのウォークマンNW-ZX1が展示されていた。2月にソニーストアで調べてみた時は、3月中旬以降の入荷となっていた。今調べてみると5月2日ごろのお届けとなっている。SonyはAppleに対抗するためにウォークマンの音楽機能を重視する戦略を採用したが、ハイレゾでようやく花が開こうとしているようだ。 

nw-nx1

NW-ZX1+MDR-1RMK2

国内のシェアは2011年からSonyがAppleを追い越しており、PDA(Portable Digtal Audio)としては既に念願を果たしている。しかし、AppleはPDAのシェアトップに固執する必要はなく、新たなデジタルライフを満喫できる製品分野に飛躍している。ある意味、Sonyは置いてけぼりを食らわされたと見ることも可能である。そこにハイレゾという新たな提案を行うことになったことは、これまでAppleの後塵を拝していたSonyにとっては文字通り花開く展開と言えるだろう。

NW-ZX1はWiFiを搭載しており、音楽配信サイトmoraからは専用アプリで購入からダウンロードまで行うことができる。これがハードとサービスを一体的に提供していることの強みであり、Appleが最も得意とする分野でもあった。ハイレゾ音源はハイレゾ配信サイトからダウンロードする方法しかなく、NW-ZX1で直接ダウンロードできることはパソコンが不要でアクセスできることを意味している。また、これまでのデジタル音源は、最大CDレベルでしかなかった。しかし、CDを超える音質の音楽を聞けるようになったことは、明らかにPDAの革命と言っても過言ではないだろう。Sonyを褒めることが殆ど無い私だが、ここは素直にSonyとハイレゾの行く末を見続けていきたい。

広告
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告
広告336