Appleのクラウド、Mobile Me

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Mobile Meは、iPhone 3Gと同時に発表されたAppleのクラウドサービス。MacやiPhone、iPod touch、Windows PCなどでメールやカレンダー、連絡先を自動的にアップデートして同期することができる。但し、音楽データについては同期されない。2008年7月11日にサービス開始。それまでのサービス名は.Mac(ドットマック)。

mobile Me

mobile Me

広告
広告336

Appleのクラウドサービスは2000年から

Appleのクラウドサービスは、2000年2月にMacユーザー向けのサービスiToolsとして始まった。iToolsはオンライングリーティングカードやメールアドレス、ホームページ作成ツールなどを提供するサービスで、当初は無料で提供されていた。その後、2002年7月に.Mac二リニューアルするとともに有料化、今回のMobile Meへのリニューアルへと続いている。オンラインストレージサービスiDiskも含まれている。

Mobile Meは2012年6月で終了

現在、AppleはiCloudというサービスを提供しており、Mobile Meのサービスは2012年6月末で終了する。AppleはiCloudで各端末間の音楽データについても同期できるようにしており、iCloudは名実ともにクラウドサービスとなっている。Appleは2007年のiPhone発売以降、直接インターネットに接続できるクラウド端末を拡大してきた。iCloud登場までは音楽データの同期にはMacやWindows PCが必須であったが、現在はiCloudがMacやWindows PCの役割を果たしている。

巨大なDCを事前構築

iCloudによってAppleはクラウドをデジタルハブとする試みを完成させたわけだが、その背景にはMobile Meを運用してきた実績の積み重ねがある。Mobile Meの開始当初は障害が続出しており、90日間の無償延長なども行なわざるを得なかった。それらの経験からAppleは、ノースカロライナ州に自前の巨大なデータセンターを建築し、iCloudの稼動に間に合わせている。

広告
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする