サイバーロッカーサービスは今でも盛ん

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前、サイバーロッカーサービスについて記事にしたことがある。Megauploadというサービスが米国の司法省とFBIに摘発され、サイバーロッカーサービスが衰退するかのようなことがささやかれていた。しかし、今年の1月にMegauploadの創設者であるKim Dotcomが新たにMEGAというサービスを開始したということから、現状はどうなっているのかをチョット調べてみた。

Depositfilesのロゴ

現在も活躍しているサイバーロッカーDepositfiles

広告
広告336

サイバーロッカーdepositfilesを使ってみた

Mangaのダウンロードサイトを探す

サイバーロッカーサービスは、著作権法に違反したファイルや、成人向けの動画やマンガのダウンロードで良く利用されている。まず、そのサイトを探してみる。成人向けマンガで直ぐに見つかるということから、MANGAとHENTAIという2つの単語でググッてみた。検索第1位に出てきたのは、HENTAIManga-Anime-Sharingというサイトであった。そこはMANGAの投稿フォーラムらしく、投稿されているMANGAがサムネイル付きでずらりと並んでいる。適当なものをクリックすると、MANGAの表紙と中身のページが一部表示され、その下に3つのURLが並んでいた。

deposit

このURLがデータの保管場所を示すURLであり、このMANGAの投稿者は3つのサイバーロッカーサービスを利用していることが分かる。真ん中のdepositfilesはMegauploadと同じ頃からあるサービスらしいことから、これを利用してみることとした。

ダウンロードできるまでに2ステップ

直ぐにダウンロードページに行くが、二つの時計が表示されている。日本語化されているし、日本語の広告も入っている。著作権侵害などのコンテンツを発見したら直ぐ知らせてくれ・・・との表示も見られる。

ダウンロード速度の表示

ダウロードモードによってダウンロード時間に差があることを時計で表示

50秒待つと時計の下に「無料ダウンロード」が表示され、クリックできるようになる。それをクリックすると、

ダウンロードページ1

ここで60秒待たされる

次に求められるのは、二つの単語を入力すること。これはCAPTCHAと言うらしい。似たようなことをやったことがあるが、その時はとても読めるものではなく、何度も失敗してあきらめてしまった。今回の場合は、簡単にできそうである。単語を入力してContinueをクリックする。

CAPTCHA

CAPTCHAの入力を求められる

「通常モードでファイルをダウンロードする」をクリック。するとファイルのダウンロードが開始されるが、ダウンロードの残り時間として14分が表示される。ブラウザはChromeを使っているのでブラウザの左下にダウンロードByte数と共に表示される。

有料でも利用する人はいると思う

欲しいファイルがある人は有料のゴールドモードにはいると思うよ・・・・結構ストレスがたまる。ゴールドモードだと

  • 最高速度
  • 最大同時ダウンロード数は100件
  • 中断されたダウンロードの再開
  • ダウンロードのために自分のファイルマネージャを使用できる
  • 全く広告なし!

ということだから、ファイルマネージャーで立て続けにダウンロードファイルを指定すれば良い。2カ月で19.95ドルと言うことは2千円弱ということになる。アレッ・・・・別のページを見ると1カ月の契約もある。11.95ドルだから割高にはなるが、絶対額を抑えたい場合はこちらを選ぶ人もいるだろう。支払い方法はクレジットカードと「他の方法」というのがある。そこをクリックするとメールアドレスの入力が求められた。面倒だからここで止めておこう。ここで有料会員になると、このMANGAの投稿者にはdepositfilesからアフィリエイト料が支払われることになる。問題のあるファイルを第三者にアップロードさせ、有料会員を獲得するというサイバーロッカーサービスのビジネスモデルは、かなり厄介なものと言えるだろう。

広告
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする