【閑話休題】Amazonに嵌った私がマケプレ保証申請①

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このところAmazonでの買い物に嵌っている。先月から足の悪い母親の面倒を見ることになったことから、店での買い物が自由にできなくなったからだ。また、これを機会に食事関連の家電製品を買い換えることにしたこともあり、Amazonが手っ取り早く選ばれることになった。しかし、今回の買い物は失敗だったようである。

広告
広告336

5月の連休直前の今、Amazonを舞台とする詐欺店舗が急増中とのこと・・・その顛末の壱

amazon

Amazon

1万円前後の製品がたったの986円!?

今回、Amazonで購入したのは電気ポット。1万円前後の製品が多い中、986円という極端な価格で○印社の電気ポットが売られていた。問題ありなんだろうな・・・と思って避けようとしたが、同じ製品の他店のページにうまく移動できない。Amazonでは同じ製品が出品されている場合、Amazon自身が販売・出荷するものを優先して表示させているようだ。986円のものは販売も出荷もAmazonではなかったが、一番最初に表示されるようになっている。ということはAmazonが推薦している商品とも思われ、もし失敗しても986円なら授業料と思えば諦めもつく・・・として購入ボタンを押してしまった。約1カ月の間にこの手の製品に出会わなかったということも一つの理由であった。

プライム会員並の速さで発送手配完了!?

4時過ぎに発注したのだが、1時間もしないうちに発送の案内メールが送られてきた。Amazonプライム会員にはなっていないことから、通常は翌日の朝ぐらいに発送完了のメールが来る。だから『嫌に早いな』と思ったのが不信の出発点。その次は発送するのがePacketという聞き慣れない業者であり、検索してもヒットしない点。問い合わせ番号が記載されてはいるが、その問い合わせ自体ができない。ここでほぼ騙されたことに気が付いたが、Amazonがこの手の店には何らかの防御策を取っているだろうとという一縷の望みも持っていた。発注したのは25日であり、到着予定日は5月2日となっている。この期間の長さも気にはなっていたが、中国辺りから取り寄せるのだろうか・・・と考えていた。

5月の連休直前の今、Amazonでの詐欺店舗が急増中!!

今日(27日)になり、Amazonでは発送と同時に注文が確定・・・課金されることに気が付いた。25日の発注で直ぐに発送したが、商品の到着日は1週間後。これは詐欺ぽい・・・と思ってググッテみると・・・『Amazonで様々な形態の詐欺ショップが激増中』という記事が直ぐに見つかった。また、出店名××××で探しても・・・・『××××という出店者は詐欺ですか?』というYahoo!知恵袋の投稿が直ぐに出てきた。どちらも23日から25日というつい最近の記事であった。やはりそうだったのか。極端に安い金額で出店し、1日か2日で客を集めてAmazonから入金があり次第アカウントを消して逃亡するという手口らしい。しかし、このような場合、商品が届かなかったのでAmazonが補填してくれるとのこと。それをマーケットプレイス保証・・・略してマケプレ保証というらしい。

出品者のページは既になくなっていた

マケプレ保証には条件があり、以下の2点は必須とのこと。私の場合は商品の到着予定日が5月2日であることから、そもそも出品者に連絡する理由がない。

  1. 申請前に、アカウントサービスから出品者に連絡をした
  2. 出品者に連絡し、2営業日が経過しても、出品者から返事がない

5月2日が過ぎてから出品者に連絡を取り、2営業日経過後に・・・・・待てよ・・・5月2日の翌日からは5日間の連休が始まる。5月2日に連絡を取ったとしても2営業日を空けるとすれば最短でも10日ということになる。出品者の営業日を確認しようとAmazonに行ってみると、××××という出品者は消えていた。

マケプレ申請を5月2日に出すことにした

一番早くマケプレ保証申請をする方法を考えてみたが、この方法が一番良いだろう。すなわち、直ぐに出品者に『配送業者の問い合わせサイト』を直ぐに知らせてほしい旨のメールを出す・・・という方法。これだと5月2日Amazonにマケプレ保証申請を出すことができるだろう。

広告
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>