聴き放題サービスが大きく伸びダウンロードは前年割れ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本レコード協会は音楽配信の実績を集計しており、2月21日に2016年第4四半期の実績を公表した。同時に2016年の通年実績が公表されたが、それによるとインターネット音楽配信の中のダウンロード配信が前年を割っている。しかし、インターネット音楽配信自体は伸び続けており、その原動力が2015年に広範に普及した聴き放題サービスであることが明らかとなった。

広告
広告336

ハイレゾ配信は前年を10%アップしたとされているがダウンロード市場全体は前年を2%下回っている

iphone-music

IPhoneとMusic

ガラケー向けが縮小する中、インターネット音楽配信は拡大基調

音楽配信の全体市場は、2009年の910億円をピークにして2016年はその約6割となる529億円まで落ち込んでいる。その最大の理由は、音楽配信全体のほぼ9割を占めていたガラケー向けの着うた/着うたフルの急激な市場縮小であった。日本では2010年からガラケーからスマホへの転換が大きく進み、同時に着うた/着うたフルの市場が縮小することとなった。着うた/着うたフルはキャリアごとのガラケー向けの配信サービスであり、スマホで利用することはできなかった。また、スマホはインターネット上のサービスを直接利用することができ、キャリアが提供するサービスに縛られる必要はなかった。従って、ガラケーからスマホへの転換により、着うた/着うたフルのユーザーは既存の、もしくは新たなインターネット音楽配信サービスを利用することとなった。事実、着うた/着うたフルの市場が急激に縮小する中、インターネット音楽配信は拡大基調を続けている。

音楽はガラケーのキラーコンテンツであった

2009年の910億円中、ガラケー向けは796億円であった。2016年の529億円の中ではガラケー向けは41億円まで落ち込んでいる。逆にインターネット音楽配信は114億円から488億円に拡大しており、ガラケーからスマホへの転換がインターネット音楽配信市場の拡大に寄与したことは間違いない。しかし、ガラケー向けの市場縮小をカバーするところまでは行かず、音楽配信の全体市場は、ピーク時の約6割に留まっているのが実情である。このことは、着うた/着うたフルのサービスがガラケーに良くマッチしたサービスであったかを示していると言えるだろう。画面の小さなガラケーは音楽を聴くのに適しており、音楽がガラケーのキラーコンテンツとなったのであった。しかし、画面が大きく表示機能が優れたスマホのキラーコンテンツは音楽ではなく、画像や動画、そしてゲームとなったのである。

サブスクリプションは聴き放題サービスの売上高

日本レコード協会の音楽配信実績にはサブスクリプション(Subscription)という項目がある。一般に定期購読と訳されることが多いが、音楽配信の世界では一定期間中に定額を支払うサービスである。通常の配信はダウンロード配信であり、ダウンロードした曲数に応じて楽曲使用料が発生する。しかし、サブスクリプションの音楽配信は聴き放題サービスであることが一般的となっており、無料サービスとして提供されるものも多い。従って、サブスクリプション用に設定された計算方法があり、それによって発生した楽曲使用料を集計しているのがサブスクリプションの項目である。細かい問題を省いて言えば、サブスクリプションは聴き放題サービスでの売上を集計していると言い切ってよいだろう。

ダウンロード市場は今後は縮小する!?

インターネット音楽配信のサブスクリプション=聴き放題サービスの売上は、2012年までは年間4億円前後で推移していた。しかし、2013年からは急拡大しており、2016年には200億円にまで拡大している。2016年のインターネット音楽配信488億円の41%であり、このまま行けば2017年にはダウンロード配信を追い越すことは確実である。2016年のダウンロード配信は288億円だったが、それは2015年の293億円を5億円下回っている。つまり、聴き放題サービスが急激に拡大する中、ダウンロードサービスは前年を割る状況となっているのだ。先日、以下の記事をアップしたが、ハイレゾ配信にとっては窮地に追い込まれているといわざるを得ない。GfKジャパンによるとハイレゾ配信市場は2016年に10%増だったとしているが、それは既存のダウンロード市場を侵食した結果であり、ダウンロード市場自体は縮小に向かいつつあるのが実態なのだ。

ハイレゾ配信市場はたった2年で伸び悩んでいる!?
市場調査会社のGfKジャパンは12月21日、ハイレゾ音源ダウンロード市場レポートを発表した。それによると、『ハイレゾ音源のダウンロード配信数...

広告
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>