Apple Musicが4,000万人に達するのはSpotifyの2年後!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米Billboardが12月6日、Apple Musicがサービス開始してわずか18カ月で有料会員が2,000万人を突破したことを伝えている。ここで『わずか』という言葉を使ってるのは、Spotifyが2,000万人を超えるのに7年半以上かかったことと対比した結果であるのは間違いない。Spotifyは2008年10月に東欧でサービス開始しており、2,000万人に達したのはApple Musicがスタートしたのとほぼ同時期であった。

広告
広告336

Apple MusicはSpotifyに18カ月遅れているが、それがこのままだと2年に広がる可能性が大!?

apple-music

Apple Music

Apple Music開始当初は快進撃するも・・・・・

Spotifyが2,000万人に達するのに7年半以上かかったのは事実だが、その大半は1,000万人に達するのに費やした時間であった。1,000万人に達したのが2014年5月であることから、7年半中の6年半はそのための時間であった。しかし、その後は約1年で1,000万人増加させており、ペースを飛躍的に高めている。一方のApple Musicが1,000万人を突破したのは2016年1月であり、1,000万人を7カ月でクリアしている。Spotify的なサービスを待ちかねていたiOSユーザーが少なからず存在していたのは確実であり、1,000万人突破のペースがSpotifyを大きく超えたのは当然の結果と言えるだろう。

下の表は、AppleとSpotifyが発表した数字を2015年6月から同一時間軸でまとめたものである。

Apple Music 期間増加数(月数) Spotify 期間増加数(月数)
2015 6月 6/30開始(米国) 2,000万人 1,000万人(9カ月)
7月 1,000万人(7カ月)
8月
9月
10月
11月
12月
2016 1月 1,000万人
2月 1,100万人 1,000万人(11カ月)
3月 3,000万人
4月 1,300万人 1,000万人(6カ月)
5月
6月 1,500万人
7月
8月
9月 1,700万人 4,000万人
10月
11月
12月 2,000万人

1,000万を2,000万にするのに11カ月かかった

下の表は、有料会員を1,000万人増加させるのに要した月数の比較である。Appleはわずか18カ月で有料会員が2,000万人を突破したことを強調したいようだが、ポイントとなるのは、『最初の1,000万人は7ヵ月で集めたが、後の1,000万人獲得には11カ月を要した』という事実であろう。このことは、Andoroidユーザーの取り込みにApple Musicは苦戦しているという事実である。Apple MusicはiOS向けアプリのみでスタートしており、Androidアプリを投入したのは2015年11月11日(日本)であった。3カ月の無料お試し期間があり、有料会員となるのは2016年2月からになる。前項の表では2016年2月には100万人増となっているが、特に急増したといえるような数字とはなっていない。

Apple Musicの月平均増加数は100万人

Spotifyが2,000万人に達したのが2015年6月であることから、AppleはSpotifyに18カ月遅れていることになる。これを縮めるためには、Apple Musicは今後の1年間で月平均111万人以上増やす必要があり、その後の1年間は167万人以上増やさなければならない。Apple Musicはこの9月から12月の3ヵ月間で300万人増加したが、とれだと月平均100万人にしかならない。このペースが続くとすると、4,000万人に達するのさえ20カ月必要であり、Spotifyとの差は23カ月・・・・約2年の遅れに伸びてしまう。Appleは米Billboardに提灯記事を書かせたが、Apple Musicはかなり深刻な事態に陥っていると言わざるを得ない。

Apple Music Spotify
期間 期間 月平均増加人数
0~1,000万人 7ヵ月 6年半 12.8万人
~2,000万人 11カ月 1年 83万人
~3,000万人 9ヵ月 111万人
~4,000万人 6カ月 167万人

広告
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする