歴史を作ったMacworld Expo 2007

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年1月9日(現地時間)にAppleがサンフランシスコで開催したMacworld Conference & Expoは、Steve Jobs CEOの「We’re going to make some history together today(今日、私達は歴史を作ることになります)」という言葉で始まった。それはApple TVやiPhoneなどの新製品発表の後、社名からComputerを取ってApple Inc.とする発表で結ばれた。

expo2007

Macworld Conference & Expo 2007

広告
広告336

iPodにApple TVやiPhoneを追加

Apple TVは2006年9月に「iTV」というコードネームで発表されていたもので、家庭用のTVに接続して利用するSTB(Set Top Box)である。また、Steve Jobs CEPが「すべてを変えてしまう製品」として紹介したiPhoneは、実際にスマートフォンの世界を大きく変える製品となった。

iPhone

iPhoneを紹介するAppleのSteve Jobs CEO

日本はアップルジャパンに変更

Appleの取扱製品は、今後はMac、iPod、Apple TV、iPhoneの4つのカテゴリーとなる。この中でコンピューターはMacだけであり、その実態に合わせた社名とするためにコンピューターを取り去ったものである。米国では発表当日に社名変更が行なわれたが、日本法人の社名変更は若干遅れて実施された。日本法人のアップルコンピューター株式会社は、2007年3月1日にアップルジャパン株式会社に社名変更した。

初代iPhoneは2007年6月に米国のみで発売

Appleは2007年6月29日(現地時間)、米国でiPhoneを発売した。Macworld Conference & ExpoでSteve Jobs CEOが「ワイド画面のiPodであり、携帯電話であり、Internet Communicatorでもある製品」として紹介した通りの製品となっており、発売前から大きな話題となっていた。発売はCingular Wireless、価格は2年契約込みで8GBモデルが599ドル、4GBモデルが499ドル。

1年間で600万台販売された

初代iPhoneは欧米で広く採用されているGSM(Global System for Mobile Communications)方式に対応した端末であり、国内では発売されなかった。11月にイギリス、ドイツ、フランスでも発売され、2008年5月には更に販売する地域を大きく広げた。発売して約1年となる2008年6月9日、累計の販売台数は600万台に達した。

広告
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする