JEITAの民生用電子機器統計

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JEITAという団体が、民生用電子機器の国内出荷数字を毎月発表している。JEITAとはJapan Electronics and Information Technology Industries Associationの頭文字をとったもので、正式名称は一般社団法人 電子情報技術産業協会という。「国内外で40兆円を超える規模を持つIT・エレクトロニクス産業を担うわが国最大級の業界団体(JEITAの概要より)」と紹介している通り、日本の名の通った企業が会員となっている。現在の理事会社・正副会長会社は、ソニー、東芝、富士通、シャープ、日立製作所、パナソニック、三菱電機、日本電気、横河電機、TDKが務めており、正会員は287社、賛助会員は117社、合計404社が加盟している。

広告
広告336

2006年から3年間しか集計されなかった

jeita

EITA⇒Japan Electronics and Information Technology Industries Association

2006年にデジタル音楽プレーヤーの集計開始

JEITAの民生用電子機器国内出荷統計は、各企業のエレクトロニクス製品の出荷実績を集計したものであり、製品別の市場規模を調べる上で重宝する資料の一つである。製品は液晶テレビやビデオカメラ、オーディオ機器、カー用品など多岐にわたる。しかし、時代によって報告を求める製品は変化しており、以前は集計されていたものが消えて新しい製品が加わることは頻繁に起こっている。例えば、かつてはあったCRTカラーテレビは、現在は消えてなくなっている。また、BDレコーダーやBDプレーヤーは数年前に追加された製品である。
デジタル音楽プレーヤーは、2006年に集計対象製品になった。その代わり、MDポータブルプレーヤーとCDポータブルプレーヤーは集計対象外となっている。デジタル音楽プレーヤーは2005年に市場が急成長しており、前年は200万台程度であったものが3倍の600万台となったとされている。その分、従来からの音楽プレーヤーは市場を縮小しており、集計対象が必然的に交代することになる。

2009年には集計対象から外れたデジタル音楽プレーヤー

2006年から民生用電子機器国内出荷統計の集計対象となったデジタル音楽プレーヤーだが、2009年には集計対象から外された。結局、デジタル音楽プレーヤーは、2006年から2008年の3年間しか集計されなかったのである。2008年の出荷数が大きく減少し、2009年から毎月の報告対象から外したわけではない。また、新たな同種製品が出現したわけでもない。2008年の出荷実績は670万台であり、2009年も同程度の数字をキープしていたと思われる。にも関わらず、デジタル音楽プレーヤーの出荷数字の集計は、2008年を最後に取りやめとなったのである。

弱小メーカーが撤退、大手家電メーカーが後を埋める

2005年にAppleは、フラッシュメモリーを搭載した小型で低価格のiPod shuffleを発売した。また、HDDに匹敵する大容量のiPod nanoの発売も行った。これらが大ヒットする中、大手家電メーカーが大挙してデジタル音楽プレーヤーの新製品を投入してきた。フラッシュメモリーは大容量化と低価格化が同時進行しており、同一容量の製品価格は1年で約30%下落するという激しさであった。

⇒容量と価格の推移は「フラッシュメモリー内蔵のiPod shuffle」に記載

そのため、価格競争についていけないメーカーが続出し、弱小メーカーは2005年の段階で倒産や撤退に追い込まれることとなった。その後を埋める形で大手家電メーカーが進出し、2006年の段階ではそれなりの出荷台数を残している。がしかし、その大手家電メーカーも、その全てがデジタル音楽プレーヤーからは撤退することとなってしまった。唯一残ったのは、Sonyのみであった。日本のfデジタル音楽プレーヤーは、AppleとSonyの2強体制となってしまった。

JEITAの数字はAppleとSonyの数字のみとなってしまう

2008年、パナソニック(当時は松下電器)や東芝は春に新製品を出したのみであった。また、日本ビクター(現:JVCケンウッド)も実質的に撤退状況に陥っていた。したがって、JEITAにデジタル音楽プレーヤーの数字を報告するのは、大手ではAppleとSonyの2社に限られることになる。自社の数字がほぼ正確に競合相手に伝わることとなり、それを不都合に感じたのは容易に察することができる。市場規模がそれまでと大きな変化がないにもかかわらず、デジタル音楽プレーヤーの出荷実績の集計を取りやめた裏にはこんな事情があったものと推察することができる。

広告
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする