生き残った携帯プレーヤーメーカー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、2005年当時から継続してPDPの事業を行なっているソニー以外の企業を紹介する。

広告
広告336

ReignCom/iriver

参入:2000年 現在:マウスコンピューターに継承

iriver

iriver Logo

ReignCom(レインコム)は韓国の企業、 RioにCD型のMP3プレーヤーをOEM供給していた。国内ではNHJを代理店として2000年に進出、2003年7月には日本法人アイリバージャパンを設立した。アイリバージャパンは自社で音楽配信サービスの立ち上げを計画するなど、積極的に事業を展開していた。しかし、2006年11月に営業権をMCJが設立した新会社iRiver japan(社名は同じだが、まったく別の会社)に譲渡、国内での事業展開から撤退した。

また、iriver japanはMCJの子会社であるマウスコンピューターに吸収合併され、PDPの専業企業としては消滅した。 マウスコンピューターは、現在はiriverとLyumoブランドでPDPの発売を行なっている。PDPはiPod touch、動画プレーヤーはiPad的な製品となっている。

COWON/COWON

進出:2004年 現在: COWONとしてPDPの事業を継続

COWONは、韓国のCowon Systemsの国内法人。Cowon Systemsは1995年にソフトウェア開発会社として発足したが、2000年にPDP事業に参入した。国内販売はバーテックスリンクを代理店として2004年に参入した。2005年9月には日本法人コウォンジャパンを設立、10月から自社で国内販売を開始した。音楽再生を主体とした製品は「iAudio」、音楽・動画の両方の再生二対応した製品は「COWON」ブランドを使用していた。現在は「COWON」ブランドの製品で占められており、PDPはAppleのiPod touchのような製品となっている。また、動画プレーヤーは、iPad的なAndroid搭載タブレット端末となっている。

COWON

画像は2006年に販売していたiAUDIO U2

クリエイティブ/ZEN

参入:2004年8月 現在:クリエイティブとしてPDPの事業を継続

クリエイティブは、シンガポールを本拠地とするパソコン周辺機器の企業。PDPには2004年8月にHDD搭載のPDPで参入、フラッシュメモリー内蔵タイプも発売したが、2006年まではHDD搭載型の品揃えが充実していた。現在はデジタルオーディオプレーヤーとエンターテイメントプレーヤーにZENシリーズを継承させているほか、Entertainment TabletsとしてZiiOシリーズを発売している。7型ディスプレイを搭載したZiiO 7″はiPod touch、10型ディスプレイを搭載したZiiO 10″はiPad的な製品となっている。

ZenMicro

2004年に発売された1インチHDD搭載のZEN micro

エバーグリーン/EVER GREEN

参入:2005年 現在:上海問屋で格安製品を取り扱い

2005年当時、格安製品を中心に業界最大規模の製品を取り揃えていた。しかし、売上高の減少と共に製品数を減少させ、現在は直営のオンラインショップである上海問屋で3千円以下の製品を中心に販売している。

EVER GREEN

上海問屋の販売ページ

広告
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする